新しい電気回路<下>

松澤昭・著

新しい電気回路<下>

発行
2021/09/09
サイズ
A5
ページ数
256
ISBN
978-4-06-524553-8
定価
3,080円(税込)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

定価
3,080円(税込)

内容紹介

二分冊の下巻は、演算増幅器回路、二端子対パラメータ、フィルタ回路、三相交流、ひずみ波交流、分布定数回路、スイッチング電源をていねいに解説。カラーで見やすく、演習問題も充実!

目次

第11章 演算増幅回路
11.1 演算増幅器の基本特性
11.2 演算増幅回路
11.3 演算増幅器の各種演算回路への応用
11.4 スイッチトキャパシタ回路
11.5 完全差動型演算増幅器

第12章 二端子対パラメータ
12.1 Yパラメータ
12.2 Zパラメータ
12.3 Fパラメータ
12.4 二端子対回路の縦続接続
12.5 二端子対回路の動作量

第13章 フィルタ回路の基礎
13.1 フィルタの基本特性
13.2 各種フィルタ
13.3 伝達関数
13.4 群遅延特性
13.5 バターワースフィルタとチェビシェフフィルタ
13.6 周波数変換

第14章 フィルタ回路の合成
14.1 LCラダーフィルタ
14.2 LCラダーフィルタの合成方法
14.3 インピーダンススケーリングと周波数変換および素子レベ
ルの周波数変換
14.4 積分器を用いた能動フィルタ

第15章 三相交流
15.1 回転磁界と二相交流
15.2 三相交流
15.3 Y-Δ変換
15.4 三相交流電源
15.5 対称三相回路

第16章 ひずみ波交流 
16.1 フーリエ級数
16.2 実効値および電力

第17章 分布定数回路(1) ~時間領域でのふるまい
17.1 伝送線路
17.2 伝搬方程式の定常解
17.3 伝搬定数と特性インピーダンス
17.4 無損失線路の時間応答
17.5 分布RC回路

第18章 分布定数回路(2) ~周波数領域でのふるまい
18.1 基本方程式
18.2 電圧反射係数
18.3 定在波
18.4 伝送線路におけるインピーダンスの変化
18.5 散乱行列とSパラメータ
18.6 スミスチャート

第19章 スイッチング電源
19.1 基本回路と動作
19.2 差分モデル
19.3 定常状態
19.4 状態平均化法による過渡応答の導出

付録A LCラダーフィルタの定数