イラストで学ぶ 認知科学

北原義典・著
シリーズ:
イラストで学ぶシリーズ

イラストで学ぶ 認知科学

発行
2020/11/26
サイズ
A5
ページ数
208
ISBN
978-4-06-521518-0
本体
2800円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2800円(税別)

内容紹介

全ページフルカラー、見開き構成のこれまでにない入門書! 感覚、記 憶、意思決定、情動、言語理解など、人間が行う心的活動を情報処理のプロセスとと らえて、体系的かつ網羅的に解説した。情報系の学生に最適な一冊!

目次

1章 認知科学概論
1.1 認知科学とは
1.2 認知科学のたどった道
1.3 認知科学研究の方法
1.4 モデルとは
1.5 人間の情報処理モデルと認知科学のスコープ

2章 感覚
2.1 感覚の種類と特性
2.2 感覚信号の伝達
2.3 視覚機構
2.4 聴覚機構
2.5 体性感覚
2.6 感覚の相互作用
2.7 コンピュータによる画像・音声の特徴抽出

3章 知覚・認知
3.1 トップダウン処理
3.2 ゲシュタルト特性
3.3 形状知覚・認知
3.4 音声知覚・認知
3.5 空間知覚
3.6 認知地図
3.7 時間知覚
3.8 コンピュータによる音声認識

4章 記憶
4.1 記憶の構造
4.2 短期記憶からワーキングメモリへ
4.3 長期記憶
4.4 宣言的記憶と手続き的記憶
4.5 忘却
4.6 コンピュータの記憶装置

5章 注意
5.1 選択的注意
5.2 焦点的注意と分割的注意
5.3 視覚的注意
5.4 聴覚的注意
5.5 コンピュータによる音源方向推定

6章 知識
6.1 知識の表現と構造
6.2 意味
6.3 概念とカテゴリー化
6.4 プロダクションルールを用いた知識処理

7章 問題解決
7.1 問題解決
7.2 良定義問題の解決プロセス
7.3 推論
7.4 ウェインソンの選択課題
7.5 コンピュータによるゲーム戦略

8章 意思決定
8.1 効用と文脈
8.2 プロスペクト理論
8.3 選好モデル
8.4 葛藤状態における意思決定

9章 創造
9.1 再生的思考と生産的思考
9.2 洞察
9.3 アナロジーを用いた洞察
9.4 発想支援手法

10章 言語理解
10.1 自然言語と人工言語
10.2 言語の多層構造とメンタルレキシコン
10.3 単語認知
10.4 統語論的言語産出・理解モデル
10.5 意味論的言語産出・理解モデル
10.6 チューリングマシンとオートマトン
10.7 形式文法
10.8 コンピュータによる自然言語処理

11章 情動
11.1 情動と認知
11.2 情動による身体的変化と測定指標
11.3 情動のモデル
11.4 表情の認知

12章 社会的認知
12.1 対人認知
12.2 顔の認知
12.3 社会的推論
12.4 態度の変容
12.5 集団の影響

13章 コミュニケーション
13.1 コミュニケーションにおける非言語チャンネル
13.2 説得的コミュニケーション
13.3 コミュニケーションの変容
13.4 ネットにおけるコミュニケーション

14章 錯覚
14.1 形の錯視
14.2 明るさ・色の錯視
14.3 運動錯視
14.4 錯聴
14.5 体性感覚の錯覚

15章 脳
15.1 脳の構造
15.2 感覚と脳
15.3 記憶と脳
15.4 思考と脳
15.5 情動と脳
15.6 脳における信号の伝達
15.7 脳神経活動計測
15.8 ディープラーニング