休み時間の分子生物学

黒田裕樹・著
シリーズ:
休み時間シリーズ

休み時間の分子生物学

発行
2020/07/29
サイズ
A5
ページ数
240
ISBN
978-4-06-520173-2
本体
2200円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2200円(税別)

内容紹介

『休み時間をサボらない! 78項目で分子生物学を完全マスター』

生命現象を分子レベルで解明する学問「分子生物学」は、生命研究や医療をはじめ栄養系など、さまざまな分野で必要不可欠となっています。そこで、1テーマ10分を目安に、分子生物学の初学者や中学高等学校の理科教育に携わる人に向けて、基本事項とそのポイントを解説します。自分の分野に活かせる力がつく一冊です!

目次

1章 遺伝情報の使い方

Stage 01 ウルトラスーパーデジタル信号   
Stage 02 A,C,G,T,Uを覚えよう   
Stage 03 コドン情報          
Stage 04 RNA ワールドとDNA ワールド   
Stage 05 セントラルドグマ   
Stage 06 真核生物と原核生物   
Stage 07 真正細菌と古細菌   
Stage 08 ウイルスとプリオン   
●column 私たちの人生なんて1秒以下  
練習問題  

2章 タンパク質   
Stage 09  細胞核内で働くタンパク質   
Stage 10 細胞質で働くタンパク質   
Stage 11 細胞膜上で働くタンパク質   
Stage 12 細胞外で働くタンパク質   
Stage 13 アミノ酸の表記方法   
Stage 14 親水性のアミノ酸の覚え方   
●column アミノ酸の構造式と覚える順番   
Stage 15 疎水性のアミノ酸の覚え方   
Stage 16 ポリペプチドの二次構造   
Stage 17 ポリペプチドの三次構造   
Stage 18 ポリペプチドの四次構造   
Stage 19 タンパク質の行き先   
●column ヒトの体で働く消化酵素   
練習問題   

3章 核 酸   
Stage 20 アデノシン酸リン酸(ATP)   
Stage 21 核酸の材料  
Stage 22 核酸の構造   
Stage 23 RNAの種類   
Stage 24 rRNAとtRNA   
Stage 25 mRNA   
Stage 26 DNAの構造   
Stage 27 DNAの修復   
Stage 28 DNAの複製   
Stage 29 DNAの修飾 ~エピジェネティクス   
●column 岡崎フラグメント   
練習問題   

4章 遺伝子発現機構   
Stage 30 転写反応   
Stage 31 スプライシング   
Stage 32 イントロンの意義   
Stage 33 RNAキャップとポリAの付加   
Stage 34 翻訳1 ~mRNA上のコドンの使われ方   
Stage 35 翻訳2 ~リボソームの動き   
Stage 36 転写のスイッチ   
Stage 37 シグナルトランスダクション   
●column TORシグナル   
●column イントロンが切りとられるとき   
●column シグナルトランスダクションの簡単な描き方   
練習問題   

5章 細胞内骨格と細胞分裂   
Stage 38 アクチンフィラメント   
Stage 39 微小管   
●column 原核細胞の細胞内骨格   
Stage 40 中間径フィラメント   
Stage 41 染色体の構造   
Stage 42 細胞周期とチェックポイント   
●column スピードモードがある原核生物の細胞周期   
Stage 43 分裂期   
Stage 44 Cdkとサイクリン      
Stage 45 G0期と分化   
●column 真核生物の4番目の細胞内骨格   
練習問題   

6章 分子生物学的手法 ~基礎編   
Stage 46 核酸やタンパク質の電気泳動   
Stage 47 制限酵素   
Stage 48 プラスミド   
Stage 49 塩基配列の解読法 ~サンガー法   
Stage 50 ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)の第一段階   
Stage 51 PCRの第二段階・第三段階   
Stage 52 PCRの第四段階以降   
●column 最も風変わりなバイオ研究者キャリー・マリス博士   
●column プライマー(Primer)の善し悪し   
●column 世界を震撼させたコロナウイルスとPCR検査   
練習問題   

7章 分子生物学的手法 ~20世紀後半編   
Stage 53 PCRの応用1 ~TAクローニングと配列付加   
Stage 54 PCRの応用 ~インバースPCR   
Stage 55 RT-PCR   
Stage 56 リアルタイムPCR(qPCR)
Stage 57 in situ ハイブリダイゼーション   
Stage 58 遺伝子組換え技術   
Stage 59 ES細胞とノックアウトマウス   
Stage 60 コンディショナルKO   
Stage 61 抗体を用いたタンパク質の検出   
Stage 62 免疫沈降法   
Stage 63 レポーターアッセイ   
●column バイオセーフティレベル(BSL)   
練習問題   

8章 分子生物学的手法 ~21世紀編   
Stage 64 RNAi   
Stage 65 クリスパーキャスと遺伝子破壊      
Stage 66 クリスパーキャスと遺伝子組換え     
Stage 67 次世代シーケンサー  
●column 近未来のシーケンサー  
Stage 68 トランスクリプトーム解析 ~オミクス   
Stage 69 メタゲノムとメタバーコーディング   
Stage 70 タンパク質の構造解析   
Stage 71 オプトジェネティクス   
●column cDNAディスプレイ   
練習問題   191

9章 日本人の分子生物学分野におけるノーベル賞   
Stage 72 抗体の多様性を産み出すしくみ:利根川進博士(1987)   
Stage 73 巨大なタンパク質の質量の測定:田中耕一さん(2002)   
Stage 74 緑色蛍光タンパク質(GFP):下村脩博士(2008)   
Stage 75 iPS細胞:山中伸弥博士(2012)   
Stage 76 エバーメクチン:大村智博士(2015)   
Stage 77 オートファジー:大隅良典博士(2016)   
Stage 78 PD-1とオプジーボ:本庶佑博士(2018)   
●column 体内時計を制御する分子   
練習問題   

索引 
参考図書