できる研究者のプレゼン術

ジョナサン・シュワビッシュ・著 高橋佑磨/片山なつ・監訳 小川浩一・訳

できる研究者のプレゼン術

発行
2020/03/17
サイズ
B5
ページ数
192
ISBN
978-4-06-518724-1
本体
2700円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2700円(税別)

内容紹介

可視化・統一・集中――プレゼン(口頭発表)を改善する3つの指針と具体策を授ける。聴衆の注意を引き、心をつかむワザが満載! あなたのプレゼン(口頭発表)は、飽きっぽい聴衆の注意を引くことに成功しているだろうか? 研究を魅力的に伝えられているだろうか? プレゼンには論文とはちがった戦略が必要だ。従うべき指針と実践すべきワザを授ける!

目次

第I部 プレゼンテーションの立案
 第1章 理論、計画、デザイン
 第2章 色
 第3章 文字
 第3章補足 日本語プレゼン資料における文字

第II部 プレゼンテーションの制作
 第4章 テキストスライド
 第5章 データ可視化スライド
 第6章 画像スライド
 第7章 足場スライド

第III部 プレゼンテーションの実施
 第8章 プレゼン本番に向けて
 第9章 セッティングの重要ポイント