Pythonで学ぶアルゴリズムとデータ構造

辻真吾・著 下平英寿・編
シリーズ:
データサイエンス入門シリーズ

画像はありません

発行
2019/11/26
サイズ
B5変
ページ数
208
ISBN
978-4-06-517803-4
本体
2400円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2400円(税別)

内容紹介

データサイエンスの学部教育への規範となる教科書シリーズの一冊。必須の基礎知識をPythonで実践的に学ぶ。名著の誉れ高い『Pythonスタートブック』の著者が書き下ろす! 収録したコードはWebでも公開。

目次

第1章 Python入門
1.1 文法の基本
1.2 実践的なプログラミング

第2章 コンピュータ科学の基本
2.1 コンピュータの基本原理
2.2 配列でみるデータ構造
2.3 計算量の考え方

第3章 アルゴリズムの威力
3.1 アルゴリズムと実装
3.2 配列のソート

第4章 ソートを改良する
4.1 問題を分割する
4.2 クイックソート

第5章 データの探索
5.1 配列とデータの探索
5.2 探索のためのデータ構造
5.3 ハッシュを使った探索

第6章 グラフ構造
6.1 グラフとその表現方法
6.2 グラフ探索のアルゴリズム
6.3 最短距離を求める

第7章 問題を解くための技術
7.1 プログラミングの威力
7.2 動的計画法の威力

第8章 問題の難しさ
8.1 計算にかかるコスト
8.2 難しさの分類

第9章 乱択アルゴリズムと数論
9.1 アルゴリズムと乱数
9.2 数論入門
9.3 素数判定アルゴリズム

第10章 現代社会を支えるアルゴリズム
10.1 ハッシュ関数
10.2 公開鍵暗号
10.3 データ圧縮の技術