公衆栄養学 第6版

酒井徹/郡俊之・編
シリーズ:
栄養科学シリーズNEXTシリーズ

公衆栄養学 第6版

発行
2019/02/07
サイズ
B5
ページ数
223
ISBN
978-4-06-514067-3
本体
2800円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2800円(税別)

内容紹介

健康日本21(第2次)の中間報告や特定保健指導の改訂を踏まえ、全面的にデータを更新。地域集団の健康における研究と実践を学ぶ。日本栄養士会が示した「人材育成ガイド 公衆栄養分野における人材育成の考え方」の方向性も加味。

目次

1. 公衆栄養学の概念
1.1 人間集団を対象とする栄養学
1.2 疾病予防のための栄養学
1.3 超高齢社会と健康・栄養問題
1.4 わが国の食料需給
1.5 食環境の変化
1.6 保健・医療・福祉・介護システムと公衆栄養
2. 公衆栄養の歴史
2.1 諸外国の歴史
2.2 日本の歴史
3. 食生活と栄養問題の変遷と現状
3.1 食生活の変遷
3.2 エネルギーと栄養素摂取量の変遷
3.3 国民健康・栄養調査の結果の概要
3.4 諸外国の健康・栄養問題の現状と課題
4. わが国の栄養問題の現状と課題
4.1 食生活と循環器疾患
4.2 食生活とがん
4.3 食生活と貧血・骨粗鬆症
4.4 食生活とアレルギー
5. 栄養政策
5.1 中央行政と地方行政
5.2 栄養関係法規
5.3 管理栄養士・栄養士制度
5.4 健康増進法に基づく事業
5.5 健康日本21(第二次)
5.6 食生活指針
5.7 健康づくりのための身体活動指針
5.8 健康づくりのための休養指針
5.9 健康づくりのための睡眠指針
5.10 食事バランスガイド
5.11 諸外国の健康・栄養政策
6. 栄養疫学
6.1 栄養疫学の概要
6.2 曝露情報としての食事摂取量
6.3 食事摂取量の測定方法
6.4 総エネルギー摂取量が栄養素摂取量に及ぼす影響
6.5 疫学の指標と研究デザイン
6.6 疫学の方法
7. 公衆栄養活動に必要な統計学
7.1 管理栄養士・栄養士と統計学
7.2 データ解析の基本
7.3 統計的検定の基本
7.4 検定の選択方法
7.5 統計の実際
8. 地域栄養マネジメント
8.1 公衆栄養マネジメント
8.2 公衆栄養アセスメント
8.3 公衆栄養プログラムの目標設定
8.4 公衆栄養プログラム計画
8.5 公衆栄養プログラムの実施
8.6 公衆栄養プログラムの評価
9. 公衆栄養プログラムの展開
9.1 都道府県,保健所設置市および特別区,市町村における行政栄養士の役割
9.2 施策と地域事業
9.3 公衆栄養プログラムの展開例

付録1 保健統計
付録2 栄養関係法規
栄養士法(抜粋)
健康増進法(抜粋)
健康増進法施行規則(抜粋)
食育基本法(抜粋)
地域保健法(抜粋)
食品表示法
付録3 管理栄養士・栄養士配置規定

参考書,報告書
索引