X線光電子分光法

高桑雄二・編著

X線光電子分光法

発行
2018/12/20
サイズ
A5
ページ数
367
ISBN
978-4-06-514047-5
本体
5500円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
5500円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

すべてのユーザーにとってのバイブルが誕生。ハードウェアの高度化に加え,機械学習などのソフトウェアとの組み合わせにより新たな展開が広がろうとしているXPS。今後の展開の指針を得るための座右の書としてぜひ。

目次

第1章 固体表面・界面分析の必要性と課題
1.1 表面および界面とは
1.2 固体表面・界面の多様性と機能
1.3 固体表面・界面分析手法と情報
1.4 X線光電子分光法による固体表面・界面分析

第2章 X線光電子分光法の基礎
2.1 X線光電子分光法の原理
2.2 X線光電子分光法で得られる情報
2.3 X線光電子分光法の分類と特徴
2.4 X線光電子分光測定における問題

第3章 X線光電子分光法の実際
3.1 X線光電子分光法の装置
3.2 化学組成/結合状態の深さ方向分析
3.3 硬X線光電子分光法
3.4 光電子回折・光電子ホログラフィー法
3.5 スピン・角度分解光電子分光法

第4章 X線光電子分光イメージング
4.1 光電子顕微鏡
4.2 三次元ナノX線光電子分光法

第5章 X線光電子分光法の応用
5.1 高分子薄膜材料への応用
5.2 磁性薄膜材料への応用
5.3 酸化物薄膜材料への応用
5.4 炭素材料への応用
5.5 半導体デバイス,太陽電池などの多層膜デバイス材料への応用
5.6 触媒材料への応用
5.7 超伝導材料への応用
5.8 原子層材料への応用
5.9 希土類・アクチノイド化合物への応用
5.10 放射光時分割X線光電子分光法と超音速酸素分子ビームを組み合わせた表面反応のダイナミクス研究への応用
5.11 電気化学セルと組み合わせた固液界面反応の「その場」観察
5.12 電子デバイスのオペランド測定

第6章 X線光電子分光法の新たな展開
6.1 準大気圧X線光電子分光法
6.2 超高速時間分解電子分光法

付録A 光イオン化断面積,平均自由行程,内殻準位の結合エネルギー,仕事関数
付録B 光電子スペクトルの解析方法