好きになる免疫学 第2版

萩原清文・著 山本一彦・監
シリーズ:
好きになるシリーズ

好きになる免疫学 第2版

発行
2019/03/25
サイズ
A5
ページ数
272
ISBN
978-4-06-513903-5
本体
2200円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2200円(税別)

内容紹介

初学者人気NO1! カラー化し、最新の知見を盛り込んだ待望の改訂版。 キャラクターと共に免疫の複雑な仕組みがすらすら理解できます。 ボリュームアップし、より深く学べるようになりました。 医学生から一般まで、はじめて免疫学を学ぶ人のために。 予備知識は何もいりません。

目次

第1部 病原体との合戦
自然免疫応答と適応免疫応答の二重奏

 第1部への前奏曲 自然免疫応答と適応免疫応答

第1幕 免疫応答の基本骨格 細菌との戦い
scene 1.1 決戦前夜―上皮細胞と共生細菌によるバリアー
scene 1.2 いざ決戦!―マクロファージと樹状細胞の登場
scene 1.3 マクロファージが鳴らす警報―炎症性サイトカインとケモカイン
scene 1.4 走れ! 樹状細胞―適応免疫の発動
scene 1.5 エフェクターヘルパーT細胞の出馬
scene 1.6 適応免疫応答のもう1人の主役―B細胞

第2幕 免疫応答の導火線 パターン認識受容体
scene 2.1 病原体の2通りの"つかまえ方"
scene 2.2 3種類のパターン認識受容体
scene 2.3 警報機の3つの設置場所
scene 2.4 細胞の表面に設置された警報機
scene 2.5 細胞の内部に設置された警報機

第3幕 「私」が「私」でなくなる?! ウイルスと戦う作戦
scene 3.1 「私」を証明するリボン―クラスI MHC分子
scene 3.2 「私」が「私」でなくなった!
scene 3.3 "特殊な樹状細胞"の登場
scene 3.4 "特殊な樹状細胞"がT細胞どうしの仲人となる
scene 3.5 ウイルス感染の場で



第2部「自己」と「非自己」のからくり
    B細胞とT細胞のひみつ

第4幕 私の敵は数え切れない 遺伝子の切り貼りという離れわざ
scene 4.1 いきなりひと休み―寿司屋へ
scene 4.2 設計図を切り貼りしてアンテナを作る
scene 4.3 遺伝子とは何か?
scene 4.4 遺伝子はどこにあるのか
scene 4.5 遺伝子にまつわる見解の変遷 その1
scene 4.6 遺伝子にまつわる見解の変遷 その2

第5幕 ハシカに二度かかりにくいのはなぜ? 免疫は記憶する
scene 5.1 リンパ球のアンテナ分子の働き
scene 5.2 抗体が抗原をやっつける3つの方法
scene 5.3 一度戦った相手のことは忘れない―免疫学的記憶
scene 5.4 ワクチン療法とは何か?

第6幕 免疫はどうして自分を攻撃しないのか? 前編 「私」を教育する恐怖の胸腺学校
scene 6.1 免疫担当細胞の生い立ち
scene 6.2 「私」を教育する恐怖の胸腺学校
scene 6.3 選りすぐられた細胞たちの卒業

第7幕 免疫はどうして自分を攻撃しないのか? 後編 自分に「寛容」とは?
scene 7.1 自己免疫の嵐はどのようにして起こるか?
scene 7.2 自己免疫の嵐を防ぐ4つの作戦
scene 7.3 免疫学的寛容とは何か?
scene 7.4 「自己」に対する免疫学的寛容(自己寛容)のまとめ
scene 7.5 自分でないものにあえて寛容とは?

第8幕 母と子の免疫学 抗体が細胞の中を横切るものがたり
scene 8.1 抗体のパーツの名前とクラス分け
scene 8.2 細胞の中を横切るトランスサイトーシス
scene 8.3 母乳を介して届けられるIgA抗体
scene 8.4 細胞の中を横切るIgA
scene 8.5 IgGを運ぶ慈愛の分子FcRn
scene 8.6 血管内皮細胞のFcRnも"慈愛"に満ちあふれている



第3部 臨床免疫学序説
さまざまな疾患とのかかわり

 第3部への前奏曲 臨床免疫の地図帳

第9幕 適応免疫応答の過剰 まだ謎の多いアレルギーの話
scene 9.1 ちょっと図書館で調べもの―「過敏反応」と「アレルギー」
scene 9.2 IgE がI型過敏反応の引き金
scene 9.3 マスト細胞から化学伝達物質がばらまかれると...
scene 9.4 遅れて参上!―2型ヘルパーT細胞
scene 9.5 ヘルパーT細胞の兄弟姉妹と得意技
scene 9.6 I型過敏反応の他の例
scene 9.7 IgEクラスの抗体が関与しない過敏反応

第10幕 自然免疫応答の過剰 おこったら怖いマクロファージ
scene 10.1 炎症性サイトカインの過剰作用
scene 10.2 パターン認識受容体再論―細胞の傷害の認識
scene 10.3 合体戦隊! インフラマソーム!
scene 10.4 ひとりでに炎症を起こす「自己炎症性疾患」

第11幕 自然免疫応答と適応免疫応答の過剰 さまざまな側面をもつ関節リウマチ
scene 11.1 いきなりクイズコーナーへ
scene 11.2 リウマチで働きすぎる役者たち
scene 11.3 関節リウマチはどこで起こる?
scene 11.4 関節リウマチの4つの側面
scene 11.5 自己免疫疾患としての側面とその治療
scene 11.6 さまざまなエフェクターヘルパーT細胞
scene 11.7 慢性炎症としての側面とその治療
scene 11.8 アポトーシスの異常としての側面
scene 11.9 関節を破壊する疾患としての側面
scene 11.10 より洗練された治療に向けて
scene番外編 破骨細胞物語

第12幕 腫瘍免疫の話 逆手(さかて)に取られた免疫学的寛容
scene 12.1 がん細胞とは何か?
scene 12.2 がん細胞の特徴をとらえる5 つの視点
scene 12.3 がん細胞に対する適応免疫応答―免疫監視
scene 12.4 免疫監視からの回避―逆手に取られた免疫学的寛容
scene 12.5 免疫はがんに太刀打ちできないのか?
scene 12.6 「免疫チェックポイント分子」とは何か

第13幕 エイズウイルスの話 免疫応答を根底から破壊するウイルス
scene 13.1 エイズウイルスは免疫応答の司令官を破壊する
scene 13.2 司令官を失い、路頭に迷う実働部隊たち
scene 13.3 エイズウイルスはめまぐるしく変身して攻撃から免れる
scene 13.4 抗レトロウイルス療法

 間奏曲 「真理という大海原」―ニュートンの言葉より

第14幕 フィナーレ 生命の技法 免疫担当細胞たちの生い立ちの秘密
scene 14.1 主題と変奏
scene 14.2 試行錯誤の極み―親和性の成熟
scene 14.3 とてつもない無駄―開花と刈り込み
scene 14.4 性格や人格は遺伝子で決まるのか?
scene 14.5 脳と胸腺との驚くべき類似