ゼロからはじめるデータサイエンス入門 R・Python一挙両得

辻真吾/矢吹太朗・著
シリーズ:
実践Data Scienceシリーズ

ゼロからはじめるデータサイエンス入門 R・Python一挙両得

発行
2021/12/07
サイズ
B5変
ページ数
400
ISBN
978-4-06-513232-6
定価
3,520円(税込)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

定価
3,520円(税込)

内容紹介

RとPython両方学べる。コスパ最強の一冊! 「データサイエンスの準備」にページを割いているから、プログラミング経験ゼロで大丈夫。自分に合った言語を見つけたい、言語を乗り換えたいという方にもおすすめ!

目次

第1部 データサイエンスのための準備

1章 コンピュータとネットワーク
1.1 コンピュータの基本操作
1.2 ネットワークのしくみ

2章 データサイエンスのための環境
2.1 実行環境の選択
2.2 クラウド
2.3 Docker
2.4 ターミナルの使い方
2.5 RとPython
2.6 サンプルコードの利用

3章 RとPython
3.1 入門
3.2 関数
3.3 コレクション
3.4 データフレーム
3.5 1次元データの(非)類似度
3.6 Rのパッケージ,Pythonのモジュール
3.7 反復処理
3.8 その他

4章 統計入門
4.1 記述統計
4.2 データの可視化
4.3 乱数
4.4 統計的推測

5章 前処理
5.1 データの読み込み
5.2 データの変換

第2部 機械学習

6章 機械学習の目的・データ・手法
6.1 機械学習の目的(本書の場合)
6.2 機械学習のためのデータ
6.3 機械学習の手法

7章 回帰1(単回帰)
7.1 自動車の停止距離
7.2 データの確認
7.3 回帰分析
7.4 当てはまりの良さの指標
7.5 K最近傍法
7.6 検証
7.7 パラメータチューニング

8章 回帰2(重回帰)
8.1 ブドウの生育条件とワインの価格
8.2 重回帰分析
8.3 標準化
8.4 入力変数の数とモデルの良さ
8.5 変数選択
8.6 補足:正則化
8.7 ニューラルネットワーク

9章 分類1(多値分類)
9.1 アヤメのデータ
9.2 木による分類
9.3 正解率
9.4 複数の木を使う方法
9.5 欠損のあるデータでの学習
9.6 他の分類方法

10章 分類2(2値分類)
10.1 2値分類の性能指標
10.2 トレードオフ
10.3 2値分類の実践
10.4 ロジスティック回帰

11章 深層学習とAutoML
11.1 Kerasによる回帰
11.2 Kerasによる分類
11.3 MNIST:手書き数字の分類
11.4 AutoML

12章 時系列予測
12.1 日時と日時の列
12.2 時系列データの予測

13章 教師なし学習
13.1 主成分分析
13.2 クラスタ分析

付録A 環境構築