絵でわかる宇宙の誕生

福江純・著
シリーズ:
絵でわかるシリーズ

絵でわかる宇宙の誕生

発行
2018/09/21
サイズ
A5
ページ数
182
ISBN
978-4-06-513054-4
本体
2200円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2200円(税別)

内容紹介

〈始まり〉の謎を、最新科学が解き明かす! 誕生から138億年が経つ、この宇宙。宇宙はどこからどうやって生まれたのか? 宇宙は何でできているのか? 宇宙は膨張しているのか? 宇宙はいかにして始まったのか? 宇宙に果てはあるか? 時間が経つと宇宙は終わるのか? ......などなど、万人が抱く初発的な疑問を解き明かす。著者一流の文章と、豊富なイラスト・図表・天体写真とを併用して、宇宙論を説明。カラフルな紙面で宇宙論の魅力を伝える、知的刺激に満ちた書。

目次

第I部 膨張宇宙像の確立

第1章 古代の宇宙観と現代の宇宙論
1.1 神話や伝説の宇宙観
1.2 現代の宇宙の構造と進化
1.3 科学的な天文学と宇宙論の成立史

第2章 現代的な宇宙論のはじまり
2.1 アインシュタインの一般相対論と静止宇宙モデル
2.2 フリードマンとルメートルの膨張宇宙モデル(標準モデル)
2.3 ハッブルによる膨張宇宙の観測的検証

第3章 ビッグバンと火の玉宇宙像
3.1 ガモフの火の玉宇宙とビッグバン宇宙モデル
3.2 ホイルの定常宇宙論
3.3 マイクロ波宇宙背景放射の発見

第II部 宇宙の誕生と進化

第4章 インフレーションと時空の誕生
4.1 時空誕生直後のインフレーション膨張期
4.2 時空の誕生時の特異性と虚時間の宇宙
4.3 はじまりの前と無からの宇宙の創生

第5章 力の分離と物質の誕生
5.1 世界を構成している物質と力
5.2 温度を上げていく:物質を分解し力を融合する
5.3 粒子と量子と古典場と場の量子論

第6章 宇宙の晴れ上がりと暗黒時代
6.1 承前:力の分離と物質の誕生
6.2 宇宙初期における元素の合成
6.3 晴れ上がりから暗黒時代を経て再電離へ
6.4 宇宙進化のアウトライン

第III部 宇宙の未来と多宇宙

第7章 ビッグチルかビッグリップか――加速膨張と未来
7.1 加速膨張の発見と宇宙の未来
7.2 ダークマターとダークエネルギー
7.3 加速膨張していく宇宙の未来

第8章 マルチバース――多宇宙はあるのか
8.1 限りなく幸運な宇宙
8.2 平凡原理と人間原理
8.3 無限宇宙、無量宇宙、膜宇宙、多世界、マルチバース