新装版 なっとくする量子力学

都筑卓司・著
シリーズ:
なっとくシリーズ

新装版 なっとくする量子力学

発行
2018/08/08
サイズ
B6
ページ数
277
ISBN
978-4-06-512721-6
本体
2000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2000円(税別)

内容紹介

やさしい、くわしい、だから「なっとく」。数式を安易に羅列せず、式の意味の丁寧な説明や例をメインにした画期的な入門書!カラーになって復刻。

目次

プロローグ なぜ量子力学を学ぶか
 面白くてタメになる/電子の世界の「コメ」/宇宙を見ても量子力学 ...ほか
第1章 常識に挑む
 電球の光を見るのに100分棒を無限に細くすると/変幻自在の電子のサイズ ...ほか
第2章 光よ,光
 何でも波と思え/古典論で電子の公転エネルギーを/量子論でなっとく ...ほか
第3章 要するに座席探し
 数学の範囲は単なる都合/量子論は座席探し/事実があるから式がある ...ほか
第4章 スピンは語る
 スピンと軌道の決定的違い/鉄が磁石にくっつく理由/銅が磁石につかない理由 ...ほか
第5章 黒体からの発想
 黒体放射のふるさと/なぜに事実とこうも合うのか/甲乙つけてはいけないこと ...ほか
第6章 波動方程式は"使える"
 見ようとすると見えなくなる/隠し撮りはできない/あいまいが本質 ...ほか
第7章 方程式からマトリックスへ
 ミクロな世界は波動的/マトリックスでやればうまくいく/解けない猫の謎 ...ほか