ネイティブが教える 日本人研究者のための論文の書き方・アクセプト術

エイドリアン・ウォールワーク・著 前平謙二/笠川梢・訳

ネイティブが教える 日本人研究者のための論文の書き方・アクセプト術

発行
2019/12/19
サイズ
A5
ページ数
512
ISBN
978-4-06-512044-6
本体
3800円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
3800円(税別)

内容紹介

世界中で使われているノンネイティブのバイブルが待望の邦訳。これほど網羅的で深い示唆を与えてくれる指南書はほかにない。ネイティブの思考・語感で、ワンランク上の論文に!そのまま使える論文英語表現を580例も掲載!

目次

第1部 英文ライティングのテクニック
第1章 論文執筆の計画と準備
第2章 センテンスの構造:語順
第3章 パラグラフの構成
第4章 長いセンテンスを分割するテクニック
第5章 簡潔で無駄のないセンテンスの作り方
第6章 あいまいな言葉、表現、繰り返しを避ける
第7章 [Who+Did+What]の構造を明確にする
第8章 研究結果を強調するテクニック
第9章 研究の限界の書き方のテクニック
第10章 他人の研究を建設的に批評する方法
第11章 プレイジャリズム(剽窃)とパラフレージング(置き換え)

第2部 論文構成のテクニック
第12章 論文タイトルのつけ方
第13章 要旨(Abstract)の書き方
第14章 序論(Introduction)の書き方
第15章 文献レビューの書き方
第16章 方法(Methods)の書き方
第17章 結果(Results)の書き方
第18章 考察(Discussion)の書き方
第19章 結論(Conclusions)の書き方
第20章 投稿前の最終チェック

第21章 ネイティブが教える論文英語表現