リアライン・トレーニング<下肢編>

蒲田和芳・著

リアライン・トレーニング<下肢編>

発行
2021/06/03
サイズ
B5
ページ数
176
ISBN
978-4-06-280663-3
定価
3,520円(税込)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

定価
3,520円(税込)

内容紹介

鍛える前に整える! ReaLine Before Training. <体幹・股関節編>に続く第2弾。体の歪みを整え、関節の不調を脱し、競技力向上を目指す。カラー版。

「リアライン」とは、関節のアライメントや動きの異常を見極め、解消していくための理論と手法。 スキルアップを目指す、理学療法士、トレーナーのための新しいバイブルとなる一冊です。 「リアライン・トレーニング」は、野球、ラグビー、バレーボール、ゴルフなど、各競技界で急速な広がりを見せ、世界で戦うアスリートの新常識となっています。 もちろん、アスリートだけでなく、一般スポーツ愛好者や高齢者の関節の不調にも対応。その考え方や具体的手法をカラー図版を多用して解説します。

目次

序章 リアライン・トレーニングとは
A.リアライン・コンセプト® とは 
B.リアライン®・セラピー 
C.リアライン®・トレーニング 

第1章 膝関節 
1.1 背景 
A.膝関節の機能的特徴と構造 
B.膝関節の外傷とマルアライメント
1.2 膝関節の不調とマルアライメント 
1.3 スポーツパフォーマンス向上に必要な膝関節機能 
A.膝関節アライメント 
B.膝関節キネマティクス 
C.軟部組織の滑走性と正常可動域 
D.十分な筋機能(筋力)
E.対症療法
1.4 膝関節のリアライン・トレーニングの構成 
1.5 ローカル・リアライン 
A.徒手療法(マニュアル・リアライン) 
B.補装具療法(リアライン・デバイス) 
C.運動療法(リアライン・エクササイズ) 
D.特殊な結果因子(病態,組織損傷)に対するローカル・リアライン 
1.6 ローカル・スタビライズ 

第2章 足関節 
2.1 背景 
A.足関節のスポーツ外傷 
B.足関節のマルアライメント 
2.2 足関節の不調とマルアライメント 
2.3 スポーツパフォーマンス向上に必要な足関節機能 
A.足関節のマルアライメント 
B.不安定性 
C.キネマティクス 
D.軟部組織の滑走性と正常可動域 
E.十分な筋機能(筋力) 
F.疼痛消失  
2.4 足関節のリアライン・トレーニングの構成
2.5 ローカル・リアライン 
A.徒手療法(マニュアル・リアライン) 
B.補装具療法(リアライン・デバイス) 
C.運動療法(リアライン・エクササイズ) 
D.特殊な結果因子(病態,組織損傷)に対するローカル・リアライン 
2.6 ローカル・スタビライズ 


第3章 足部 
3.1 背景 
A.足部の機能 
B.足部のマルアライメント 

3.2 足部の不調とマルアライメント 
3.3 スポーツパフォーマンス向上に必要な足部機能 
A.足部のマルアライメント 
B.足部アーチタイプの分類 
C.不安定性 
D.キネマティクス 
E.軟部組織の滑走性と正常可動域 
F.十分な筋機能(筋力) 
G.疼痛消失 

3.4 足部のリアライン・トレーニングの構成 

3.5 ローカル・リアライン 
A.徒手療法(マニュアル・リアライン) 
B.補装具療法(リアライン・デバイス) 
C.運動療法(リアライン・エクササイズ) 
D.特殊な結果因子(病態,組織損傷)に対するローカル・リアライン 8

3.6 ローカル・スタビライズ 

第4章 下肢のグローバル・リアライン
4.1 背景 
A.動的マルアライメントと関節へのストレス 
B.力学的ストレスと組織損傷 
C.股関節伸展を伴う動作,股関節屈曲を伴う動作 

4.2 動作別マルアライメントとリアラインのポイント 
A.歩行 
B.走行 
C.スクワット・ジャンプ 
4.3 グローバル・リアライン 
基礎編 
応用編