Dynamic Spin Chemistry

長倉三郎/林久治/安積徹・編
シリーズ:
英文書シリーズ

Dynamic Spin Chemistry

発行
1998
サイズ
B5変型
ページ数
312
ISBN
978-4-06-209180-0
本体
14,563円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

<英文書>
サブタイトル: Magnetic Controls and Spin Dynamics of Chemical Reactions

最近、人体への電磁場影響が問題にされており、化学反応や生体反応がどのようにして磁場の影響を受けるかを理解することが重要となっている。本書は、外部磁場が分子の動的挙動に大きな影響を与えることを示す理論的および実験的研究に焦点をあて、動的スピン化学の原理と将来の動向を解説。 溶液中の化学反応に対する磁場効果や磁気同位体効果と気相分子の磁場消光、さらに、化学平衡の磁場効果、化学誘起動的核および電子スピン分極(CIDNPとCIDEP)、および反応生成物検出ESRを詳説。光化学、光物理、および光生物学に興味を持つ基礎および応用分野の研究者や大学院生に向けた最新版。海外提携先:VCH

目次

1 What is Dynamic Spin Chemistry?
2 Magnetic Field and Magnetic Isotope Effects on Reactions of Radical Pairs
3 Magnetic Field and Magnetic Isotope Effects on Biradical Reactions
4 Magnetic Field Effects on Dynamic Behavior of Excited Molecules in the Gas Phase
5 Magnetic Field Effects on Chemical Equilibria
6 Spin Spectroscopy Focusing on Nuclear Spin Polarization
7 Chemically Induced Dynamic Electron Polarization (CIDEP) Studies in Photochemical Reactions
8 Reaction-Yield-Detected ESR and Its Application to Control Chemical Reactions
Index