Molecular MagnetismNew Magnetic Materials

伊藤公一/木下實・編
シリーズ:
英文書シリーズ

Molecular MagnetismNew Magnetic Materials

発行
2000
サイズ
B5変型
ページ数
368
ISBN
978-4-06-209079-7
本体
15,000円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

<英文書>
本書は、化学および物理学分野の若い研究者、学部生、大学院生に向けて、現代科学技術の新しい概念と実用的関心を集めている分子磁性という発展しつつある分野を紹介した専門書である。遷移金属元素および希土類元素のdまたはf電子を基本とする伝統的な磁性とは対照的に、分子磁性とは、主として有機分子のp電子を基本としている。この新分野は、純粋な有機磁石のような磁性材料にみられるように、大きな将来性と多くのめざましい結果をもたらしている。 本書は6章からなり、この新しい学問の最新の成果を解説している。序論に続く2つの章は分子磁性の理論と実験の背景について述べており、その後の中心となる章の内容が明瞭に理解できるようになっている。4?6章は、スピン配列と分子デザイン、有機および有機金属磁性材料の合成について述べている。強磁性および反強磁性有機ラジカル結晶や、高スピン分子、ポリラジカルおよび高分子の磁気特性を広範囲に論じている。また、光誘起磁性体、金属クラスターおよび金属錯体などの興味深い現象も述べている。引用文献総数800件以上、図版、表、構造式、数式など数百点にも及ぶ本書は、化学、固体物理、材料科学、エレクトロニクス、フォトニクスおよび高分子工学などの大学院生や研究者にとって貴重な情報源となるであろう。海外提携先:Gordon and Breach

目次

1. Molecular Magnetism
2. Theory of Molecular Magnetism
3. Characterization of Molecular Magnetism
4. Mechanism of the Spin Alignment of Molecular Magnetism
5. Molecular Design and Synthesis for Organic Molecular Magnetism
6. Molecular Design and Synthesis for Inorganic Molecular Magnetism