有機金属錯体の化学ライフサイエンスを志向する人のために

山川浩司/久留正雄/松島美一・著

有機金属錯体の化学ライフサイエンスを志向する人のために

発行
1985/10/20
サイズ
A5判
ページ数
272
ISBN
978-4-06-190752-2
本体
4,757円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

有機金属化合物と錯体の基礎化学を平易に解説し、典型金属・遷移金属化合物と金属錯体それぞれについて合成法と性質を詳述。生体内の金属錯体や医薬品として重要な化合物、有機金属化合物を利用する有機合成等も解説。

目次

1 金属の特性が化学をいかに変えてきたか
  1.はじめに
  2.有機金属錯体の化学の歴史的背景
  3.有機金属化合物および錯体の定義

2 有機金属と金属錯体化学の基礎
  1.原子の電子構造と金属の性質
  2.金属を含む結合の理論
  3.金属を含む結合の種類と性質
  4.配位子の種類と金属錯体の分類
  5.金属錯体の構造
  6.有機金属化合物と金属錯体の性質と研究方法
  7.有機金属化合物と金属錯体の安定性

3 有機金属化合物、金属錯体の合成法と性質
  1.典型金属化合物の合成と反応
  2.遷移金属化合物の合成と反応
  3.金属錯体の性質と構造

4 生体反応と金属錯体
  1.生元素
  2.鉄
  3.銅
  4.亜鉛
  5.マンガン、コバルト、モリブデン
  6.電解質元素

5 医薬品と有機金属錯体
  1.金属錯体の抗がん作用
  2.キレート療法
  3.放射性医薬品となる金属錯体
  4.医薬品として用いられる有機金属錯体化合物

6 有機金属化合物を利用する有機合成
  1.典型金属および半金属化合物を利用する有機合成
  2.遷移金属化合物を利用する有機合成