図解 設計技術者のための有限要素法 実践編

栗崎彰・著

図解 設計技術者のための有限要素法 実践編

発行
2014/07/25
サイズ
A5判
ページ数
158
ISBN
978-4-06-156528-9
本体
2000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2000円(税別)

内容紹介

「設計者のバイブル」と大好評の前著『有限要素法はじめの一歩』に続く第2弾。

・フリーソフトを使って、解析のコツを伝授!
・図解だから、ひと目でわかる!

設計技術者が有限要素法を使いこなすための「次なる一歩」がぎっしり詰まった即買い本!

目次

第1章 これだけは理解しておきたい材料力学と有限要素法
 1.1 単位系と座標系と自由度
 1.2 最低限の材料力学
 1.3 最低限の有限要素法

第2章 フリーでそろえる構造解析ツール
 2.1 フリーの3次元CADで形状を作る
 2.2 フリーの構造解析ソフトウェア

第3章 解析モデルの作り方
 3.1 情報を集める
 3.2 材料定数のチェック
 3.3 モデル化のレシピ

第4章 自由度の制御
 4.1 剛体運動を理解する
 4.2 板の引っ張り解析
 4.3 フリー・フリー・ボディの解析
 4.4 固有値解析で部品の弱点を知る

第5章 剛体要素を使う
 5.1 剛体要素とは
 5.2 リンク部品における剛体要素の使い方
 5.3 丸棒のねじり解析における剛体要素の使い方
 5.4 皿ばねの解析

第6章 解析結果のチェックと評価
 6.1 結果評価の大敵,特異点
 6.2 解析結果の表示をデザインする

リンク