建築プロダクトデザイン暮らしを劇的に変えるモノと空間の設計思想

鈴木敏彦・著

建築プロダクトデザイン暮らしを劇的に変えるモノと空間の設計思想

発行
2013/04/10
サイズ
B5判
ページ数
159
ISBN
978-4-06-156520-3
本体
3,200円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

家具のように動く建築? 空間をつくる家具? 建築内部の空間の自由度を高めるために、そして建築や都市を守るために、建築と家具の「あいだ」のデザインを提案する。暮らしを変えるものづくりの発想が詰まった一冊。

目次

Chapter 0 はじめに:建築プロダクトデザインとは

Part 1    モバイルアーキテクチャー/家具のように動く建築
Chapter 1 スーツケースに詰め込み、持ち運べる建築
Chapter 2 分解・組み立て・輸送可能な建築
Chapter 3 紙の建築
Chapter 4 車はもともと移動する建築だ

Part 2    建築家具/建築の機能を併せ持つ家具
Chapter 5 家具であり同時に建築であるプロダクト
Chapter 6 分解・組み立て・拡張可能なプロダクト
Chapter 7 光によって場所をつくるプロダクト

Chapter 8 おわりに:建築プロダクトデザインは空間の知能化に向かう