メタマテリアルハンドブック基礎編

F. Capolino・編 萩行正憲/石原照也/真田篤志・監訳

メタマテリアルハンドブック基礎編

発行
2015/11/10
サイズ
A5判
ページ数
1051
ISBN
978-4-06-156517-3
本体
32000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
32000円(税別)

内容紹介

欧米で第一線で活躍中の研究者により、膨大なボリュームで書かれたハンドブックの翻訳書。基礎編では、理論・モデリングから応用のための基礎まで主要なトピックスを完全に網羅。本分野の魅力が凝縮された1冊で、学際領域の全体像が歴史的背景も含めて十分に俯瞰できます。
(原著タイトルは『Theory and Phenomena of Metamaterials』)

目次

第Ⅰ部 一般概念
第1章 メタマテリアルの歴史的事項
第2章 相反性複合媒質の物質パラメータと電磁場のエネルギー
第3章 複合媒質の電磁気学における対称性の原理と群論的方法
第4章 微分形式と電磁気的物質

第Ⅱ部 メタマテリアルのモデリングにおける原理
第5章 人工物質のためのモーメント法の基礎
第6章 周期構造に対するFDTD法
第7章 単純な形状をした粒子の分極率
第8章 ナノ散乱体の集団のモデリングにおける単一双極子近似
第9章 混合則
第10章 構造物質の非局所的均質化理論
第11章 メタマテリアルの局所的な物質パラメータを抽出する実験あるいはシミュレーション方法
第12章 光源により励起された周期的人工物質中の電磁場
第13章 層状メタマテリアルのモード特性

第Ⅲ部 人工磁性体と人工誘電体および負の屈折率媒質
第14章 RFメタマテリアル
第15章 ワイヤ媒質
第16章 分割リング共振器および類似のトポロジ
第17章 1,2,3次元の左手系物質のデザイン
第18章 複合メタマテリアル,負の屈折,集光
第19章 強く結合した散乱体に基づくメタマテリアル
第20章 メタモルフィック材料の理論および設計
第21章 等方性ダブルネガティブ媒質
第22章 回路網トポロジに由来するメタマテリアル:スカラーおよびベクトル3次元構造とその作製
第23章 赤外・可視光領域における負の屈折

第Ⅳ部 人工カイラル媒質,複異方性媒質,準結晶
第24章 後進波と負屈折率をもたらすカイラルおよび複異方性物質
第25章 カイラルおよび複異方性物質を用いた負屈折と完全レンズ
第26章 複異方性物質と完全電磁導体
第27章 フォトニック準結晶:基礎と実例

第Ⅴ部 伝送線路メタマテリアル
第28章 伝送線路メタマテリアルの基礎
第29章 コルゲーション付き矩形導波管:右手/左手系複合メタ導波管

第Ⅵ部 人工表面
第30章 周波数選択表面と電磁バンドギャップの基礎理論
第31章 高インピーダンス表面

第Ⅶ部 可変および非線形メタマテリアル
第32章 特性可変表面:モデル化と実現
第33章 可変メタマテリアルの構成成分としての強誘電体
第34章 多層系およびパターン化された磁気構造におけるスピン波
第35章 非線形メタマテリアル
第36章 磁気誘導波I:理論