はじめての統計15講

小寺平治・著

はじめての統計15講

発行
2012/07/10
サイズ
A5判
ページ数
134
ISBN
978-4-06-156501-2
本体
2,000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,000円(税別)

内容紹介

中学レベルの数学知識を前提として、Σを使わないなど、レベルに配慮。
内容を15節にわけ、授業で使いやすいように工夫した。
最新の統計データを用いながら具体的に学ぶ。初級者向け教科書。

目次

第1章 記述統計と確率分布

§1 度数分布
§2 代表値
§3 分散
§4 相関係数
§5 確率変数
§6 正規分布
§7 二項分布

第2章 推測統計序説

§8 母集団と標本
§9 区間推定・1
§10 区間推定・2
§11 母平均の検定
§12 母分散・母比率の検定
§13 有意差検定
§14 適合度・独立性の検定
§15 無相関検定

演習問題の解または略解

付表

乱数表
標準正規分布表
t分布のパーセント点
χ2分布のパーセント点
z変換表
正規確率紙

コラム プラスα

"統計"の意味
"平均"て難しいの?
チェビシェフの定理
目で見る相関係数
相関関係は直線的関係
「1の出る確率=1/6」の意味
乱数の作り方
自由度
t分布の着想
母比率推定の標本サイズ
同じデータから正反対の結論
2×2分割表
相関関係と因果関係
相関係数の推定・検定