わかりやすい薬学系の物理学入門

小林賢/金長正彦/上田晴久・編

わかりやすい薬学系の物理学入門

発行
2015/09/24
サイズ
B5判
ページ数
175
ISBN
978-4-06-156313-1
本体
2800円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2800円(税別)

内容紹介

基礎をしっかり固めるための教科書。
国家試験やCBTを吟味して、薬学生がマスターするべき内容を厳選!
わかりやすさを重視しながら、
答えを導く途中の考え方までしっかりていねいに解説する。

目次

第1章 物理学の基本概念
 1.1 物理量と単位
 1.2 基本単位と組立単位
 1.3 接頭語と指数表示
 1.4 単位記号の一般的規則
 1.5 物理量の四則演算
 1.6 単位換算
 1.7 誤差と有効数字
 1.8 ベクトルとスカラー
第2章 運動の法則
 2.1 力学
 2.2 運動学
第3章 エネルギー
 3.1 仕事
 3.2 仕事率
 3.3 位置エネルギー
 3.4 運動エネルギー
 3.5 力学的エネルギー保存の法則
 3.6 衝突と運動量、エネルギー
第4章 熱力学
 4.1 熱と熱量
 4.2 熱と物質の状態
 4.3 理想気体の状態方程式
 4.4 熱力学第一法則
 4.5 熱力学第二法則
第5章 波動
 5.1 波の性質
 5.2 正弦波
 5.3 波の回折、反射、屈折
 5.4 重ね合わせの原理と干渉
 5.5 音波
第6章 光
 6.1 光波とは
 6.2 偏光
 6.3 光の種類
 6.4 光の反射と屈折
 6.5 光の干渉と回折
 6.6 光の分散とスペクトル
 6.7 光の吸収
 6.8 レーザー光
第7章 電場と磁場
 7.1 電荷
 7.2 電場
 7.3 磁場
 7.4 電磁誘導
 7.5 電磁波
第8章 電気回路
 8.1 電気容量とコンデンサー
 8.2 オームの法則と電気抵抗
 8.3 直流回路とキルヒホッフの法則
 8.4 交流回路
第9章 量子化学入門
 9.1 粒子性と波動性
 9.2 原子の構造とエネルギー単位
 9.3 不確定性原理、波動方程式と原子軌道
 9.4 原子核崩壊と放射線
演習問題