絶対わかる物理数学

白石清・著

絶対わかる物理数学

発行
2007/03/01
サイズ
A5判
ページ数
183
ISBN
978-4-06-155955-4
本体
2,200円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

微分方程式、線形代数、ベクトル解析、複素関数......
工学系、理学系学生必須の数学が絶対わかる!
物理数学のバイブル Let's enjoy Physical Mathematics!

高校でも大学でも習っていない数学が出てきて、訳がわからなくなる。
こんな状況を、「誰もが」物理の教科書を読んでいて経験する。たとえば、微分方程式をやっていないのに、力学で微分方程式がバンバン出てくる。熱力学では偏微分、電磁気学ではベクトル解析......。枚挙にいとまがない。かといって、その部分のために、難しい数学の専門書を引っ張り出すのも大変である。そこで、『絶対わかる物理数学』は、そんなことが起きないように(起きたときのために)、大学1、2年生が力学、熱力学、電磁気学、量子力学を勉強するときに「必ず必要になる数学」について解説した。――<まえがきより>

目次

第1章 微分積分
第2章 ベクトルと行列
第3章 複素数
第4章 微分方程式
第5章 多変数微分積分
第6章 ベクトル解析
第7章 固有値問題
第8章 複素関数
第9章 特殊関数