使える! MATLAB/Simulinkプログラミング

青山貴伸・著

使える! MATLAB/Simulinkプログラミング

発行
2007/06/01
サイズ
B5変型
ページ数
328
ISBN
978-4-06-155769-7
本体
8,000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
8,000円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

技術者必須の情報を完全収録。PC前の必備書。開発環境としてMATLABを利用する第一線の技術者のために、セミナー講師などで、その必要をよく知る著者が知恵と経験をしっかりまとめた初の本格的専門書。

目次

第1章 MATLABプログラミング
MATLABプログラミング/関数M-ファイル/オブジェクト指向プログラミング/アニメーション/デバッキング/シリアル通信

第2章 GUIプログラミング
ユーザインタフェースダイアログ/inputdlg,msgboxとwaitbarを使ったプログラム/uigetfileを用いたプログラム/GUIアプリケーションの構築/guideの構成/簡単なGUIアプリケーション/GUIクイックスタート/GUIレイアウトの作成/GUIオプション/コールバック関数の詳細/handles構造体/コールバック関数の詳細/figureオブジェクトのコールバック関数/コールバック関数間の変数受け渡し/Simulinkモデルとの連携/Simulinkモデル名と各ブロック名の確認

第3章 C-MEXプログラミング
MATLAB拡張プログラミング/C-MEXプログラムの概要/行列と型チェック/C-MEXファイルの作成/Microsoft VisualStudio2005によるC-MEXファイルの作成/MATLABエンジンによるアプリケーション開発の概要/ダイアログボックスアプリケーションとMATLABエンジン/MAT-ファイルへのアクセス

第4章 Simulinkの基礎
Simulinkモデルの基本/放物運動/MATLABとモデルの連携/Workspace I/Oの利用/離散系モデル/Simulinkデバッガ/ブロックライブラリの作成/サブシステム/Library Browserへの自作ライブラリの登録

第5章 M-ファイル S-function
M-ファイル S-functionの概要/S-functionの活用場面/Lebel 1 M-ファイル S-functionの基本動作/S-functionのコールバック関数/S-functionの重要な概念/M-ファイル S-functionの作成/単純なM-ファイル S-function/振り子モデルのアニメーション/連続系モデルのM-ファイル S-function作成/初期値条件を含んだ連続系S-function/離散系のM-ファイル S-functionの基本動作/Lebel 2 M-ファイル S-functionの基本動作/ワークベクトル

第6章 MEX S-function
C-MEXファイル S-function/S-function Builderの概要/C-MEXファイル S-functionの活用/ワークベクトル/パラメータチェックとエラー処理

第7章 Stateflow
Stateflow導入/Stateflow関数