今日から使える量子力学

岸野正剛・著
シリーズ:
今日から使えるシリーズ

今日から使える量子力学

発行
2006/12/25
サイズ
A5判
ページ数
222
ISBN
978-4-06-155658-4
本体
2,300円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

これで開くぞ、量子の扉!
量子力学の奥深い全体像が手にとるようにわかる!

量子力学はなぜ難しく感じられるのか?
量子力学は何のために必要なのか?
疑問だらけの量子力学を、具体的な例を挙げてやさしく説明。
キーポイントがわかれば、量子力学は断然楽しくなる!

目次

序章 量子力学はなぜ難しく感じられるか?

第1部 量子力学は未知の世界を拓く道具
 第1章 量子力学の誕生のいきさつ
 第2章 見知らぬ世界を知るには新しい道具が必要
 第3章 量子力学では何を学ぶのか

第2部 ともかく量子力学で問題を解く
 第4章 シュレーディンガー方程式を導く
 第5章 井戸型ポテンシャルの問題を解く
 第6章 調和振動子からフォノンへ
 第7章 水素原子のスペクトルを求める
 第8章 量子統計の不思議

第3部 量子力学の仕組みと規則
 第9章 波動関数とシュレーディンガー方程式の正体
 第10章 物理量・演算子・期待値
 第11章 マトリックス力学を覗く
 第12章 ディラック方程式とスピン
 第13章 近似法と多粒子系の量子力学