理系留学生のための日本語

野口ジュディー・監修 林洋子・著

理系留学生のための日本語

発行
2015/01/25
サイズ
B5判
ページ数
143
ISBN
978-4-06-155625-6
本体
2300円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2300円(税別)

内容紹介

理系生活をおくるうえで遭遇する日本語を解説。eメールなどの一般日本語から研究室でのコミュニケーション、科学文書ならではの特殊な日本語表現までていねいに解説。豊富な問題と解答冊子付き。

目次

Chapter 1 eメール
日本語のディスコース  
日本人の話し方  
日本語のeメールの書き方(1)  
日本語のeメールの書き方(2)  
日本語のパラグラフ  

Chapter 2-1 日本のコミュニティの多様性
漢字の必要性  
漢語表現/句  
敬語のルール  
大阪弁のルール  
大阪弁の表現  

Chapter 2-2 日本の研究室文化
研究室の敬意表現 Honorific expression  
「行う」「する」  
「させていただきます」  
「基づいて/基づく」based on  
「通じて/通じた」「通して/通した」by / through  

Chapter 3 ドクター・ポート
「は」「と」「が」  
「は」の機能(1)  
「が」の機能  
「は」の機能(2)  
指示語  
「~として/としまして/としての」as  
「~にとって/にとっての」for  
科学日本語における表現「~として」 

Chapter 4-1 「はい」と「いいえ」

Chapter 4-2 「雨ニモマケズ」
「なくて」と「ないで」  
科学日本語における表現「なく」と「ず」  

Chapter 5 民族のリズム
「~により/~によると/~によれば/より~」  
専門で使われる格助詞連語 Compound particle  

Chapter 6 桜前線
アカデミックな専門の表現(科学日本語)  

Chapter 7 がんばれ日本
「~という/といった/との」called; that says  

Chapter 8 関西と近畿
「~において/おける」at,on,in,during(場所,時,分野,状況)  
科学日本語における表現「~において/おける」  
「際して/際に/際した」just when  
科学日本語における表現「~に際して」  

Chapter 9 スピーチについて
【名詞の並立】  
科学日本語における表現【名詞の並立】  
科学日本語における表現【構成】  
科学日本語における表現【分類】  

Chapter 10 しだれ桜はなぜしだれるか
論文にタイトルをつける  
【原因・理由】の「ため」と【目的】の「ため」 
科学日本語における表現【原因・理由】の「ため」  
科学日本語における表現【時制】  
「ように」  
「ように」と【否定表現】  
【目的】の「ために」と「ように」  
科学日本語における表現「ために」「ように」  

Chapter 11 留学生数
科学日本語における表現【図表】【変化】(1)  
「ともに」「つれて」「従って/従い」「伴って/伴い/伴う」  
科学日本語における表現【図表】【変化】(2)  
推測  
科学日本語における表現【推測】  
科学日本語における表現「思う」  
「考える/考えられる/考えている/考えられている」  

Chapter 12-1 アメリカ人の好きな言葉,日本人の好きな言葉
2つの文をつなげる  
「から」「ので」「ため」  
科学日本語における表現【原因・理由・根拠】  

Chapter 12-2 タイタニック
【引用】  
科学日本語における表現【引用】  
「対して」「ついて」「関して」  
科学日本語における表現「対して」  
科学日本語における表現「ついて」  
科学日本語における表現「関して」  

Chapter 13 中国とインド─社会人類学の観点から
科学日本語における表現【類似・同一】  
科学日本語における表現【相違】  
科学日本語における表現【対比・比較】  

Chapter 14
イスラームの世界
科学日本語における表現【接頭語】  
接尾語などを使った表現  

Chapter 15 韓国 金大中大統領 演説
【定義】  
科学日本語における表現【定義】  
科学日本語における表現【帰結】  

Chapter 16 豊かさとは何か

Chapter 17 グローバル化と多様性
【形容詞】  
科学日本語における表現【形容詞】など  
修飾表現  

Chapter 18 第三世界の失われた科学
「たら」「なら」「と」「ば」  
科学日本語における表現【仮定】【条件】  

Chapter 19-1 科学と技術の間
科学日本語における表現【副詞】  

Chapter 19-2 研究における勘とひらめき
【接続詞】  
科学日本語における表現【接続詞】  

Chapter 20 21世紀
科学日本語における表現【数式】  

Chapter 21 文系と理系の表現〈研究課題〉