英語で学ぶヒューマンライフ

清水雅子・著

英語で学ぶヒューマンライフ

発行
2004/10/10
サイズ
B5判
ページ数
110
ISBN
978-4-06-155604-1
本体
2,000円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

いのちの原点を考える教科書
児童、高齢者、女性、障害者の福祉と、人種差別、人権、ボランティアなどをテーマに、平易な条文や物語、ノンフィクションを英語で読む。
日本が世界に誇る「児童憲章」、「グリム童話」、曽野綾子氏の「神の汚れた手」、棄老を考える「楢山節考」、ナチス強制収容所での「夜と霧」など、古今東西の題材を取り上げ、詩とコラムをおりまぜながら、現代の教養であり、福祉の原点である「人のいのち」を考える。

目次

子どもは大人の未来
 児童憲章/灰かぶり グリム童話集から/こころ

健康とは? 障害とは?
 世界保健機関憲章前文/完全な人はいない:心のバリアフリー/アメイジンググレイス

女性と母性
 女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約/岸辺に立って海をみつめる人/夕べの祈り

いのちと向き合う高齢者たち
 高齢社会対策基本法/『楢山節考』/願わくば花のもとにて春死なむ

差別は人間の尺度を無効にする
 あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約/強制収容所での体験 『夜と霧』/死のフーガ

ボランティア 誰のために生きるのか?
 なぜ人はボランティアをするのか/雨ニモマケズ

私たちの人権宣言
 日本国憲法/世界人権宣言

Appendix