Shall We 免疫学

穂積信道・著

Shall We 免疫学

発行
2009/04/10
サイズ
A5判
ページ数
191
ISBN
978-4-06-155450-4
本体
2,200円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

文系の大介君が、なぜか免疫学の研究室に。

生物学の知識がまったくない大介君が初心者の疑問をぶつけ、研究室の学生・直子がやさしい言葉で解説します。
たまに教授が、かなり深い免疫学の極意も......

初心者の立場に立った会話と豊富なイラストで、スラスラ読めてしっかり理解できる、初めての人のための免疫学入門書。

目次

第1部 免疫は自己と非自己を見分けている
 第1章 ワクチンという大発明
   コラム:ルネ・デカルト
 第2章 体を守るしくみ
   幕 間:心と身体は分離可能か
 第3章 免疫系は自己と非自己を見分けている
   幕 間:Danger Model

第2部 免疫はものすごい多様性を生み出す
 第4章 抗体のおそるべき多様性
   幕 間:コンピューター免疫学
 第5章 多様性の秘密は抗体の構造にあり
 第6章 抗体のとってもヘンな(?)構造
 第7章 動き回る遺伝子

第3部 免疫系は協力しあっている
 第8章 免疫応答に関与する細胞集団
 第9章 B細胞の活性化と危険な抗体
 第10章 B細胞とT細胞の共同戦線
   トピック:T-B相互作用
 第11章 細胞の名札、MHC
   トピック:MHCに複数の種類がある理由
 第12章 T細胞の世界
   トピック:ハプテン・キャリア
 第13章 抗体にたよらない免疫応答(細胞性免疫)でもT細胞が活躍する
   トピック:ツベルクリン反応

第4部 生物には、より原始的な免疫システムがある
 第14章 自然免疫の最前線、皮膚と粘膜
   コラム:腸内細菌
第15章 体内での自然免疫の戦い
   トピック:NK細胞とキラーT細胞の違い
 第16章 寄生虫を含む幅広い感染病原体に対する防御機構
   コラム:カビ(真菌)
第17章 獲得免疫の進化
   トピック:昆虫やミミズの防御法

第5部 健康は免疫系の絶妙なバランスのうえに成り立っている
 第18章 自己を攻撃しないしくみ(自己免疫寛容)
   コラム:転写因子
第19章 免疫の過剰反応:アレルギー
   トピック:抗原提示
 第20章 アレルギーその2 増える花粉症と経口免疫寛容
 第21章 自己を攻撃する免疫:自己免疫疾患
第22章 免疫系が機能しなくなったら
   トピック:カクテル治療法 現代の"ラザロの奇跡"

第6部 人生を幸せに導く免疫学
 第23章 臓器移植と万能細胞
 第24章 胎児という非自己
 第25章 癌は異物か?
 第26章 生活習慣と免疫機能:免疫力を高めよう!