生態学からみた身近な植物群落の保護

大澤雅彦・監修 (財)日本自然保護協会・編集

生態学からみた身近な植物群落の保護

発行
2001/08/10
サイズ
A5判
ページ数
254
ISBN
978-4-06-155213-5
本体
3,800円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

都市化の影響により植物群落の破壊と劣化が深刻化している。豊富な写真と図を使用し、植物群落の生態的な解説と保護の現状、今後とるべき対策などを事例として掲載。自治体の行政担当者、自然保護に関心のある方に好適。

目次

1章 植物群落の成り立ちとその保護の考え方
 1.1 植物群落とは何か
 1.2 植物群落の現状と保護の意味
 1.3 植物群落保護の考え方

2章 植物群落の保護と生態学的管理・復元
 2.1 保護区による管理
 2.2 湿原における保護と復元
 2.3 二次植生の管理
 2.4 草食獣による植物群落への影響とその対策
 2.5 ビオトープづくりにおける群落の保持・復元

3章 植物群落とのふれあい
 3.1 自然とのふれあい活動
 3.2 ビジター管理による植生保全

資料(「植物群落RDB」優占群落リスト)