物理のたねあかし2 脳と力学系

武田暁・著

物理のたねあかし2 脳と力学系

発行
1997/03/10
サイズ
A5判
ページ数
182
ISBN
978-4-06-155102-2
本体
2,700円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

脳を多数のニューロンから構成される力学系ととらえ、力学、電磁気学、熱力学など力学系物理学を用いて、脳の記憶・情報処理機能に対する理解の可能性を提案。

目次

1章 力学系
  1.力学系と力学変数
  2.ニュートン力学系
  3.脳の神経細胞活動の力学変数

2章 運動の軌跡とアトラクター
  1.相空間内の運動の軌跡とアトラクター
  2.相空間の測定
  3.脳の神経回路網におけるアトラクター

3章 セルオートマトン
  1.ブール代数とセルオートマトン
  2.拡散現象とチューリングモデル
  3.セルオートマトンと脳神経細胞系の力学

4章 安定性と分岐
  1.力学系の解の安定性
  2.解の分岐
  3.脳のホップフィールドモデルと連想記憶

5章 共鳴現象と引き込み
  1.共鳴現象と引き込み
  2.サークルマップ
  3.神経細胞系の引き込み現象

6章 カオスとフラクタル
  1.フラクタル
  2.力学系のカオス
  3.神経細胞系におけるカオス現象