臨床心理士指定大学院対策 鉄則10&過去問30 院試実戦編

河合塾KALS・監 坂井剛・著

臨床心理士指定大学院対策 鉄則10&過去問30 院試実戦編

発行
2015/08/21
サイズ
A5判
ページ数
191
ISBN
978-4-06-154806-0
本体
2400円(税別)
在庫
在庫なし

内容紹介

大学院入試で出題された過去問の中から特によく出る良問を厳選し、300~800字で論述させる問題を中心とした構成。合格に直結する答案の書き方を伝授。シリーズ他書と合わせて学べば合格確実!

目次

序章 合格のための学習法・鉄則10

第1章 臨床心理士とは
 01 臨床心理士とは
 02 臨床心理士のカウンセリング
 03 スーパーヴィジョン
 04 カウンセラーの職業倫理
コラム 受験生には「社会的促進」が必要です!

第2章 臨床心理査定・診断
 05 疾病性・事例性
 06 インテーク面接
 07 テスト・バッテリー
 08 臨床心理査定(アセスメント)
 09 生物心理社会モデル
 10 知能検査の実施

第3章 臨床心理面接・カウンセリング
 11 言語的療法・非言語的療法
 12 子どもの心理臨床
 13 親子並行面接
 14 精神分析と行動療法
 15 電話相談
 16 学校での発達障害児の支援
 17 来談者中心療法における傾聴
 18 心理療法の枠・制限
コラム 志望校選びの「ヤーキーズ・ドットソンの法則」
コラム 「適度の趣味は「ストレス・コーピング」になります!

第4章 臨床心理学的地域援助
 19 連携とコンサルテーション
 20 臨床心理学的地域援助
 21 危機介入
 22 スクールカウンセラー
コラム 不安な気持ちは「自己開示」で解消!

第5章 臨床心理学的研究
 23 研究と実践の関係
 24 臨床研究の倫理的配慮
 25 臨床心理学の研究技法
 26 質的研究と量的研究
コラム 心理学用語をおぼえるときは「符号化特定性原理」に注目!

第6章 事例
 27 事例・いじめ
 28 事例・境界性パーソナリティ障害
 29 事例・遊戯療法
 30 事例・発達障害
コラム 海を見る自由