絵でわかる遺伝子治療

野島博・著
シリーズ:
絵でわかるシリーズ

絵でわかる遺伝子治療

発行
2014/10/25
サイズ
A5判
ページ数
191
ISBN
978-4-06-154772-8
本体
2,200円(税別)
在庫
在庫なし

内容紹介

急速に研究が進んでいる様々な遺伝子治療を、
基礎から徹底的にわかりやすく解説!
がん、アルツハイマー病などの難治性疾患にも
有効な治療法が確立しつつあります。それらの
研究の最前線が豊富な絵入りで理解できます。
また、ますます身近になってきた遺伝子検査に
関しても基礎から解説しました。

目次

1章 遺伝子治療の基礎知識
 1.1 遺伝子治療とは?
 1.2 遺伝子治療が役立つ病気
 1.3 ウイルスベクターに頼らない遺伝子治療
 1.4 遺伝子治療はどうすれば受診できるのか?
 1.5 基本用語を知る
2章 DNA検査とは何か
 2.1 DNA検査の種類
 2.2 DNA採取法
 2.3 出生前DNA検査
 2.4 男女産み分け
 2.5 DNA鑑定
 2.6 がんとDNA変異
 2.7 分子標的抗がん薬とDNA検査
 2.8 金メダル遺伝子検査
 2.9 肥満の遺伝子検査
 2.10 アルコール抵抗性(酒呑み)の遺伝子検査
3章 RNA検査とは何か
 3.1 RNA検査の原理
 3.2 RNA採取
 3.3 RNA検査の方法
 3.4 マンマプリントによる乳がんの遺伝子検査
 3.5 推定寿命のRNA検査
 3.6 長寿遺伝子のRNA検査
4章 遺伝子治療の対象となる疾患の原因遺伝子
 4.1 アルツハイマー病(痴呆症)
 4.2 筋ジストロフィー
 4.3 筋萎縮性側索硬化症
 4.4 トリプレット・リピート病
 4.5 ハップマップ計画と医療の個別化
5章 遺伝子治療の実際
 5.1 遺伝子治療の歴史
 5.2 ウイルスを用いた遺伝子治療の方法
 5.3 遺伝子治療の実際
 5.4 がんウイルス療法
 5.5 がんとの共存を実現する画期的な治療法
補章 いろいろなウイルスベクター