絵でわかるロボットのしくみ

瀬戸文美・著 平田泰久・監修
シリーズ:
絵でわかるシリーズ

絵でわかるロボットのしくみ

発行
2014/01/31
サイズ
A5判
ページ数
158
ISBN
978-4-06-154767-4
本体
2,200円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,200円(税別)

内容紹介

ロボット工学への最短入門コース

機械として、学問分野として、今の社会に存在するものとして、
すべての「しくみ」が絵「だけ」でもわかる。
カラーイラスト・写真多数掲載。

***【本書「はじめに」より】*******

私は、ロボット工学は広く、あいまいで、混沌とした学問分野だと思っています。
しかしそれは決して悪いことではなく、むしろロボット工学の強みであり、
大きな魅力であるとも思っています。
そもそも「ロボット」とは何なのか、ロボットの形にはどんな意味があるのか、
ロボットを構成しているのはどんなものなのか、
世の中にはどんなロボットがあるのか...。
そんなロボット工学という広い世界を、
たくさんのネコたちと一緒に探検してみましょう。(著者 瀬戸 文美)


ロボット工学に関する書籍は2 極化していて、
その間には大きなギャップが存在しています。そのギャップを埋めるため、
「教科書でもカタログでもない本」を出版するという著者の目的を応援し、
現実とするために、本書の監修を引き受けました。
本書によってロボット工学への端緒を、
広い世代の方々に向けて開くことができれば幸甚です。(監修者 平田 泰久)

*************

目次

第1章 ロボットとは
第2章 形で見るロボット
第3章 ロボットの中身
第4章 いろいろなロボット
第5章 ロボットのこれまでとこれから

リンク