分子軌道法

木原寛/生田茂/内田希・著

分子軌道法

発行
1994/06/01
サイズ
A5判
ページ数
222
ISBN
978-4-06-154704-9
本体
4,500円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

各種計算法を整理しプログラムを紹介、解説。シュレーディンガー方程式を近似した各種計算法を、近似の方法で分類整理しその特徴を説明し、代表的プログラムの使用法、入手法をこれから使う人の立場で紹介。

目次

1 半経験的分子軌道法
  1.分子軌道法の概要
    1.Schrodingerの波動方程式
    2.ヘリウム原子
    3.Slater行列式
    4.Hartree-Fockの自己無撞着場法
    5.分子軌道法の基本式
    6.RoothaanのSCF法
    7.非経験的方法と半経験的方法
  2.電子ハミルトニアンによる方法
    1.ヒュッケル分子軌道法
    2.拡張ヒュッケル分子軌道法
  3.電子間反発を考慮した方法――その1
    1.PPP法(Pariser-Parr-Pople法)
    2.CNDOおよびINDO近似による方法
  4.電子間反発を考慮した方法――その2
    1.はじめに
    2.Michael J.S.Dewar教授の考えたこと
    3.Dewar系半経験的分子軌道計算の近似法
    4.Dewar系の半経験的分子軌道法の信頼性
    5.プログラム

2 非経験的分子軌道法
  5.電子状態理論
    1.Schrodinger方程式
    2.Hartree-Fock-Roothaan法
    3.配置間相互作用法(Configuration Interaction法)
    4.電子対理論(electron pair theory)
    5.多体摂動論
    6.Green関数法
    7.最近の理論的展開
  6.基底関数と分子軌道計算例
    1.基底関数
    2.分子軌道の計算例
  7.非経験的分子軌道法による計算結果
    1.全エネルギー
    2.構造最適化
    3.振動数と熱化学的物性
    4.分子内回転障壁エネルギーと反転エネルギー
    5.イオン化エネルギー
    6.分子間相互作用エネルギー
    7.ポテンシャルエネルギーと反応機構
    8.熱化学的安定性
    9.電子密度分布と双極子能率
    10.物性の理論計算
  8.代表的な非経験的分子軌道法プログラム
    1.Gaussian92
    2.Hondo8
    3.GAMESS
    4.MELD
    5.MOLCAS-2
    6.QCLDB