分子力学法

町田勝之輔・著

分子力学法

発行
1994/05/20
サイズ
A5判
ページ数
302
ISBN
978-4-06-154703-2
本体
6,000円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

分子の挙動を調べる分子力学の緻密な解説書。数学的手法とプログラム化する時の留意点、ポテンシャル関数から物理量を求めるための前提と手順、具体例として赤外ラマン、分子性結晶を取り上げ丁寧に解説。

目次

1 分子力場
  1.計算法の大要
  2.初期座標の計算
  3.内部変数の計算
  4.ポテンシャル関数
  5.モデル関数の性質
  6.力場パラメータの入力

2 分子の平衡構造
  1.ポテンシャル関数の展開
  2.分子の内部変形と並進回転の分離
  3.分子内座標からデカルト変位座標への変換
  4.最大傾斜法
  5.共役勾配法
  6.複数個の安定構造の探索

3 基準振動解析
  1.調和近似
  2.基準振動
  3.GF行列法
  4.調和振動子の量子力学
  5.対称性の利用
  6.分子の点群
  7.単純指標
  8.対称座標の作成プログラム

4 分子の回転と非調和振動
  1.分子力場の非調和性
  2.分子の運動エネルギー
  3.非調和振動の摂動論
  4.非調和定数および非調和共鳴
  5.回転エネルギー準位と振動回転相互作用
  6.原子間距離の平均値
  7.非調和分子力場の計算法

5 熱力学関数
  1.熱力学関数と分子力場
  2.分配関数
  3.並進、回転、振動
  4.内部回転
  5.平衡混合物の熱力学関数
  6.計算プログラム
  7.解離状態を基準とする内部エネルギー
  8.経験的加成則を用いる熱力学関数計算法
  9.非調和振動の補正

6 分子の電気的性質
  1.分子の点電荷モデル
  2.多極子間相互作用
  3.原子電荷の評価法
  4.誘起双極子モーメントと分極率
  5.原子電荷モデルと結合双極子モデル
  6.原子電荷と電荷flux

7 振動スペクトルのシミュレーション
  1.分子と電磁波の相互作用
  2.赤外線吸収強度パラメータ
  3.ラマン散乱強度パラメータ
  4.スペクトル強度分布
  5.選択律
  6.シミュレーションの実例

8 結晶構造とエネルギー
  1.分子内力場と結晶力場
  2.結晶の平衡構造と弾性定数
  3.結晶の振動
  4.格子エネルギー
  5.表面エネルギー

付録