計算化学入門

大澤映二/平野恒夫/本多一彦・著

計算化学入門

発行
1994/06/01
サイズ
A5判
ページ数
178
ISBN
978-4-06-154702-5
本体
3,786円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

実験化学から計算化学へ! 先導する総合的書。物質の性質と挙動を化学理論に従って原子分子レベルでシミュレートする方法のうち、著名な3大方法について基本を解説。この新方法論の理解には欠かせない入門書。

目次

1 はじめる前に
  1.計算化学とは
  2.計算化学を学ぶ前に

2 分子軌道法
  1.量子化学の基礎
  2.分子軌道法
  3.種々の分子軌道法
  4.量子化学の基礎を終えるにあたって

3 分子力学法
  1.分子力学の考え方
  2.分子力学の使い方
  3.パラメータ補足法

4 分子集合体の計算
  1.統計力学とモンテカルロシミュレーション
  2.モンテカルロシミュレーション――方法
  3.ポテンシャル関数
  4.モンテカルロシミュレーション――結果
  5.おわりに

5 材料設計展望
  1.はじめに
  2.有機分子結晶構造の予測
  3.効率的な配座空間探索法

6 計算化学プログラムについて
  1.計算化学プログラムの流通
  2.化学アルゴリズムについて