ゼロから学ぶ数学の1、2、3

瀬山士郎・著
シリーズ:
ゼロから学ぶシリーズ

ゼロから学ぶ数学の1、2、3

発行
2002/12/01
サイズ
A5判
ページ数
224
ISBN
978-4-06-154665-3
本体
2,500円(税別)
在庫
書籍在庫無し

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

数学との楽しい付き合い方教えます

「マイナス×マイナスはなぜプラス?」
「分数のわり算はどうしてひっくり返してかけるの?」
「積分計算をするとなぜ面積になるの?」
いまさら人に聞けない素朴な疑問に一発解答!

目次

第1話 自然数から複素数へ
1.1 マイナス3個のリンゴとバー「虚数」
1.2 数のオンパレード
1.3 方程式
1.4 複素数の世界
1.5 複素数と方程式

第2話 関数のしくみ(1) 初等関数
2.1 泉山先生登場
2.2 関数とは
2.3 ブラック・ボックス
2.4 指数関数
2.5 対数関数
2.6 三角関数
2.7 逆三角関数

第3話 関数のしくみ(2) 微分
3.1 バー「虚数」にて
3.2 微分とは何か
3.3 微分の計算
3.4 平均値の定理とテーラーの定理
3.5 初等関数の展開
3.6 オイラーの公式

第4話 面積と積分
4.1 ある休日
4.2 面積を測る
4.3 積分
4.4 微分積分学の基本定理
4.5 積分の計算
4.6 積分の様々な姿
4.7 さよなら、カブ君