ゼロから学ぶ相対性理論

竹内薫・著
シリーズ:
ゼロから学ぶシリーズ

ゼロから学ぶ相対性理論

発行
2001/10/20
サイズ
A5判
ページ数
212
ISBN
978-4-06-154658-5
本体
2,500円(税別)
在庫
書籍在庫無し

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

あなたもちょっとだけアインシュタインになれる

正真正銘の相対論が算数とルートだけでわかる!
この本には少しの数式と、たくさんの面白さがつまっています。
〈読者への挑戦つき〉

竹内薫 「はっ!」―――あまりの大声に、みんなが目を丸くする
亜希子 「なによ、突然、大声なんかだして」
竹内薫 「いま、きみたちは、すべてがみかけでも、すべてが本当でもかまわないといったね?」
隊長 「ああ、いった」
上野シン 「いいました」
エルヴィン 「まえにもいいましたが、それこそが、相対論の精神なのです。もはや、みかけと本当を区別することに意味などないのです」――(本文より)

目次

プロローグ ピカソとアインシュタインの秘密

第1章 フツーっぽく入門する「特殊相対性理論」
 1.1 相対性理論はガリレオが先だ!
 1.2 光の速さを測ろうとした人々
 1.3 相対性理論なんて怖くねえ
 1.4 アインシュタイン小伝 1

第2章 絵からみえてくる「特殊相対性理論」
 2.1 相対論フォー・ザ・レスト・オブ・アス(Relativity for the rest of us)
 2.2 アインシュタイン小伝 2

第3章 酒とパラドックスの日々
 3.1 アリバイを崩せ!
 3.2 "時間"というものを疑え!
 3.3 縮むモノサシの面白度
 3.4 1+1<1? 速度の足し算がおかしくなる!
 3.5 ドップラー効果ってなんだっけ
 3.6 浦島効果はSFじゃない(双子のパラドックス)
 3.7 ふたつのロケットは一緒に飛べない
 3.8 アインシュタイン小伝 3

第4章 世界でいちばん有名なE=mc2の意味
 4.1 重さだって相対論のえじきだ
 4.2 相対性理論のてつがく!
 4.3 アインシュタイン小伝 4

第5章 一般相対性理論を垣間みる
 5.1 アインシュタインのエレベーター
 5.2 ピサの斜塔に登る粒子
 5.3 時計を買ってきて換気扇につけてまわしてみる
 5.4 ひも理論と相対論

エピローグ
付録(相対論FAQ集)