ゼロから学ぶ線形代数

小島寛之・著
シリーズ:
ゼロから学ぶシリーズ

ゼロから学ぶ線形代数

発行
2002/05/20
サイズ
A5判
ページ数
230
ISBN
978-4-06-154653-0
本体
2,500円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,500円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

はじめが、だいじ!
寝ころんで読める脳に心地よい線形代数入門

「行列の掛け算は、なぜあんな変な掛け方をするの?」
といった誰もが抱く疑問を、ことごとく氷解させる超入門書

肩のこらない優しい説明
(1)具体的なイメージがつかめるようにした。
(2)算数から大学レベルの数学へすんなり移行できるようにした。
(3)ミステリー仕立ての会話で息抜きを。
(4)簡単な練習問題で知識の漏えいを防止。
(5)ストーリーマンガを読むような面白さ。

目次

1章 行列式とは要するに面積のことなのだ
1.1 ベクトルってなんだろう
1.2 1次独立とはこんな意味
1.3 いよいよ行列式さっそうと登場

2章 3次元以上の行列式を征服する
2.1 3次元のベクトル
2.2 いよいよ神秘の4次元へ

3章 直交する世界 内積と外積
3.1 まざまざと知る内積の威力と魅力
3.2 外積が面白いほどわかる!
3.3 神さまの仕掛けを掘り起こす

4章 線形変換のココロ
4.1 1次変換のこころを探る
4.2 行列の掛け算はなぜあんなふうなのか

5章 逆行列のひみつ
5.1 単位行列はビップなのである
5.2 行列の1次方程式を解くには
5.3 逆行列に秘められた意味
5.4 行列式の乗法公式は美しい
5.5 転置の定理の証明を完成しよう

6章 固有値を「体感」する
6.1 固有値はいろいろ大切なのである
6.2 対称行列のひみつ
6.3 固有値の応用でグランドフィナーレ