ゼロから学ぶ微分積分

小島寛之・著
シリーズ:
ゼロから学ぶシリーズ

ゼロから学ぶ微分積分

発行
2001/04/20
サイズ
A5判
ページ数
222
ISBN
978-4-06-154652-3
本体
2,500円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,500円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

はじめが、かんじん
微積分は難解?それは誤解
寝ころんで読める、脳にやさしい微積分入門

1.あくまで直感にこだわった。
2.基礎から始めて、無理なく多変数の微積分に移れるように工夫した。
3.会話を入れて素朴な疑問に答えた。
4.簡単な練習問題を入れて、知識の定着を図った。
5.とにかく面白くした!

目次

1章 微分を体で感じる
1.1 微分をゼロから考えよう
1.2 微分はつかえる!
1.3 微分係数の演算法則をまとめよう
1.4 微分でわかる(?)、最大値・最小値

2章 積分とはこういうことだったのか
2.1 積分もゼロから考えよう
2.2 積分が計算できる!
2.3 オドロキの積分利用法

3章 テーラー展開は、関数の仕立て屋
3.1 パラメーターを含んだ関数
3.2 テーラー関数

4章 多変数も直感まかせでよくわかる――偏微分
4.1 手とり足とり偏微分
4.2 ラグランジュ乗数法
4.3 多変数の合成関数

5章 重積分のすごさを読んで、解いて、わかる
5.1 小学生からの重積分
5.2 2変数の置換積分