なっとくする複素関数

小野寺嘉孝・著
シリーズ:
なっとくシリーズ

なっとくする複素関数

発行
2000/04/20
サイズ
A5判
ページ数
166
ISBN
978-4-06-154526-7
本体
2,300円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2,300円(税別)

内容紹介

「ジャングルに迷いこんだような」とされる複素関数論を徹底的に平易明快にする。高校生にもわかる複素関数論の「筋道」とその「目的」。

複素関数論──複素変数zの関数f(z)の理論──は、ひとつの大きな流れを持っている。うねりと言ってもよいかも知れない。この流れをつかまないと、その真の姿は見えてこない。教科書の「定義・定理・証明」という構造の中に埋もれて、とかく見失いがちなこの流れを、応用のために学ぶという立場に立って、なるべく捉えやすい形で示すことにより、複素関数論を納得しようというのが、本書の目的である。──(本文より)

目次

第1章  複素関数──何のために学ぶか
第2章  複素数の世界
第3章  正則な関数の世界
第4章  ベキ級数、テイラー展開
第5章  特異点、留数
第6章  応用、定積分の計算
第7章  主値積分
第8章  分岐点をもつ関数
第9章  解析接続へ
第10章 リーマン面