なっとくする宇宙論

二間瀬敏史・著
シリーズ:
なっとくシリーズ

なっとくする宇宙論

発行
1998/04/10
サイズ
A5判
ページ数
222
ISBN
978-4-06-154514-4
本体
2,700円(税別)
在庫
書籍在庫無し

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

"変わる"宇宙論を、なるほどとなっとく!
ハッブル望遠鏡、COBEからケック望遠鏡まで、最近の観測結果をふんだんに盛り込んだ新しい宇宙論への招待。

本書の目的は、宇宙に興味がある人への現代宇宙論の紹介と、大学に入りたての学生や通俗書では満足できない人たちのために宇宙論の入門的な役割を果たすことにある。最近の宇宙論の進展は、観測に負うところがきわめて大きい。本書でも、ハッブル宇宙望遠鏡やケック望遠鏡、宇宙背景放射探査衛星COBEなどの成果を取り入れるように努めた。宇宙論は観測に基づいた科学であるという立場で、本書を書いたのである。読者の方に、いくぶんでもその感じがわかっていただけたら幸いである。

目次

第1章 変わる宇宙観
第2章 宇宙はどこまでわかったか
第3章 一般相対論的宇宙論
第4章 宇宙はこうして宇宙になった
第5章 宇宙・まだ解けないこれだけの謎