なっとくする熱力学

都筑卓司・著
シリーズ:
なっとくシリーズ

なっとくする熱力学

発行
1993/11/20
サイズ
A5判
ページ数
284
ISBN
978-4-06-154503-8
本体
2,700円(税別)
在庫
書籍在庫無し

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

式の羅列になりがちの熱力学。式の意味の丁寧な説明はもちろん、余談や例も豊富で、読みやすくて、くわしい。熱力学がピンとこない人に最適の書。

目次

0 何のための熱力学か?
1 熱は分子の運動と言いきってよいのか?
2 「熱」があるから熱くなるのではない
3 「物質の三態」はほんとうに常識か
4 理論が全てのおおもとではない
5 熱力学第二法則は奥が深い
6 微分を使うとむずかしくなるのか
7 見はてぬ夢