糖鎖の細胞における運命

永井克孝/箱守仙一郎/木幡陽・編

糖鎖の細胞における運命

発行
1993/12/10
サイズ
A5判
ページ数
236
ISBN
978-4-06-154403-1
本体
5,049円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

糖鎖の発言のしくみを、mRNAのたんぱく質への翻訳後に焦点を絞って紹介。いったん合成された糖鎖が、細胞内でどのような運命をたどるかを具体的に解説した。

目次

1 糖鎖はどのようにして作られるか
2 細胞における糖鎖の振り分けおよび循環
3 糖鎖はどのように組織化されているか――糖タンパク質および糖脂質の生体膜上での動態
4 糖鎖を認識する分子
5 糖鎖はどのように処理されるか
6 細胞外における糖鎖の運命