新版 石油精製プロセス

公益社団法人石油学会・編

新版 石油精製プロセス

発行
2014/03/01
サイズ
B5判
ページ数
492
ISBN
978-4-06-154383-6
本体
25000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
25000円(税別)

内容紹介

石油精製プロセス全般にわたって、最新かつ最高水準の技術を紹介。
プロセスの概要が平易に理解できるように基本的なデータを漏らすことなく簡潔に記載。
より深いリサーチが可能なように文献欄を充実。

目次

第1章 総論
 1.1 石油精製工業
 1.2 製油所
 1.3 原油
 1.4 製品

第2章 蒸留およびガス回収
 2.1 概要
 2.2 常圧蒸留プロセス
 2.3 減圧蒸留プロセス
 2.4 ガス回収プロセス
 2.5 省エネルギー蒸留技術
 2.6 新型トレイおよび充てん塔

第3章 水素化精製
 3.1 概論
 3.2 留出油水素化精製
 3.3 残油水素化精製
 3.4 残油の前処理
    
第4章 接触改質
 4.1 概論
 4.2 主要な接触改質プロセス
    
第5章 接触分解
 5.1 概論
 5.2 主要な流動接触分解プロセス
 5.3 周辺技術
    
第6章 水素化分解
 6.1 概論
 6.2 固定床プロセス(軽質油原料)
 6.3 固定床プロセス(重質油原料)
 6.4 沸騰床プロセス
 6.5 スラリー相プロセス
    
第7章 熱分解
 7.1 概論
 7.2 主要な熱分解プロセス
 7.3 カ焼コークスプロセス
    
第8章 溶剤脱れき
 8.1 概論
 8.2 プロセス
 8.3 ピッチの利用
    
第9章 アルキレーションおよび合成燃料プロセス
 9.1 アルキレーション
 9.2 合成燃料
    
第10章 異性化
 10.1 概論
 10.2 水素化異性化プロセス
 10.3 炭化水素リサイクルユニットとの組み合わせ
    
第11章 芳香族炭化水素の製造
 11.1 概論
 11.2 軽質原料からの芳香族製造
 11.3 芳香族炭化水素の分離および芳香族変換プロセス
    
第12章 潤滑油の精製
 12.1 概論
 12.2 溶剤精製
 12.3 水素化精製
  12.3.1 概要
 12.4 添加剤およびブレンディング
    
第13章 水素の製造およびガス化
 13.1 概論
 13.2 スチームリフォーミング
 13.3 部分酸化プロセス
 13.4 水素回収プロセス
 13.5 貯蔵・輸送
 13.6 CO2回収・貯蔵
    
第14章 硫黄の回収
 14.1 概論
 14.2 硫化水素の分離
 14.3 硫黄の製造
 14.4 クラウステールガスの処理
 14.5 製品硫黄
    
第15章 その他の石油精製設備
 15.1 スイートニングプロセス
 15.2 グリース製造プロセス
 15.3 アスファルト製造プロセス
 15.4 製ろうプロセス
 15.5 酸性ガス除去プロセス
 15.6 排煙処理
 15.7 排水処理
 15.8 脱水銀プロセス
 15.9 バイオテクノロジーの利用
    
第16章 原油の改質
 16.1 概論
 16.2 おもなプロセス
    
第17章 原油多様化に対応した装置材料
 17.1 概論
 17.2 材料面からの対応
    
第18章 省エネルギー
 18.1 概論
 18.2 熱力学
 18.3 ピンチテクノロジー
    
第19章 プロセスシミュレータ
 19.1 概論
 19.2 シミュレータの解法
 19.3 シミュレータの技術革新
 19.4 シミュレータの運用例
 19.5 今後の課題