新版 有機反応のしくみと考え方

東郷秀雄・著

新版 有機反応のしくみと考え方

発行
2010/06/10
サイズ
A5判
ページ数
399
ISBN
978-4-06-154365-2
本体
4,800円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
4,800円(税別)

内容紹介

基礎から応用までを余すところなく解説。
旧版で評価の高かった膨大な数の反応例に加え、新版では最近の反応例が充実。
研究者必読の有機反応機構の参考書。

目次

第1章 化学結合と分子構造
第2章 化学反応の電子的効果:電子の偏り
第3章 分子の構造と色:電子遷移と吸収波長,
第4章 有機化合物の酸・塩基:プロトンの働き
第5章 有機反応機構解明の方法論
第6章 飽和炭素上での求核置換反応の起こり方
第7章 芳香族化合物の置換反応
第8章 求電子付加反応の起こり方:主にアルケンとアルキン
第9章 求核付加反応が起こり方:カルボニル化合物の反応
第10章 脱離反応を左右する立体条件
第11章 転位反応は電子欠損原子上で起こる
第12章 酸化反応と還元反応
第13章 フロンティア軌道とウッドワード・ホフマン則
第14章 有機フリーラジカル反応
第15章 ネットワークの形成と超分子:水素結合とハロゲン結合
第16章 有機金属触媒および有機触媒と不斉反応
第17章 酵素反応の有機化学的解析