有機典型元素化学

秋葉欣哉・著

有機典型元素化学

発行
2008/03/01
サイズ
A5判
ページ数
204
ISBN
978-4-06-154337-9
本体
3,200円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

典型元素を含む有機化合物の反応と性質を解説。非共有電子対(孤立電子対)をもつ15,16,17族の「ヘテロ原子」から,周期表の1,2,12~18族の「sp元素」すなわち「典型元素」へと視野を広げて,非共有電子対を持たない陽イオンや13・14族元素も含めて,有機典型元素化学の分野を確立しようとするものである.

目次

第1章 典型元素とヘテロ原子―範囲と特徴
第2章 リチウムとマグネシウムの化合物
第3章 ホウ素とアルミニウムの化合物
第4章 ケイ素・スズ・鉛の化合物
第5章 典型元素効果
第6章 リン・アンチモン・ビスマスの化合物
第7章 硫黄・セレン・テルルの化合物
第8章 フッ素とヨウ素の化合物
第9章 アトランと渡環相互作用―超原子価結合の形成
第10章 不飽和結合をもつ高周期典型元素化合物
第11章 リガンドカップリング反応
第12章 炭素は5価,6価になれるか―超原子価炭素化合物