有機人名反応そのしくみとポイント

東郷秀雄・著

有機人名反応そのしくみとポイント

発行
2005/07/01
サイズ
A5判
ページ数
318
ISBN
978-4-06-154329-4
本体
3,800円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

定期試験、大学入試、毎日の実験にこの1冊が役にたつ!
人名反応は、反応の様式を覚えるキーワード。本書は、数多い人名反応を必要最小限に絞り込み、系統的に理解しやすいように反応別に分類した。各人名反応は、わかりやすい見出し、どんな反応かどんな合成に使うか一目でわかる反応の「ポイント」、詳しい「反応機構」の解説、実用に役だつ「用途と参考点」、「具体例」として実例も数多く紹介し、文献も充実させた。1章には有機反応の基礎知識も簡潔にまとめ、学生から研究者まで、参考書として、またミニハンドブックとして幅広く利用できるように編纂した。

目次

第1章 有機反応の基礎
 1.1  有機反応の原動力
 1.2  酸と塩基
 1.3  飽和化合物の求核置換反応
 1.4  脱離反応
 1.5  芳香族化合物の求電子置換反応、求核置換反応
 1.6  アルケンへの求電子付加反応
 1.7  カルボニル炭素への求核付加反応
 1.8  フリーラジカルの反応
 1.9  ペリ環状反応

第2章 有機人名反応
 2.1  置換反応
 2.2  酸化反応
 2.3  還元反応
 2.4  脱離反応
 2.5  アルキル化反応
 2.6  転位反応
 2.7  金属を用いたカップリング反応
 2.8  芳香環の反応
 2.9  芳香族複素環の構築反応
 2.10 フリーラジカル反応
 2.11 ペリ環状反応