分子生物学でダーウィン進化論を解剖する

井内史郎・著

分子生物学でダーウィン進化論を解剖する

発行
2010/11/20
サイズ
四六判
ページ数
228
ISBN
978-4-06-154297-6
本体
1,800円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

19世紀に大センセーションを巻き起こしたダーウィンの進化論。
その後著しい発展を遂げた現代の科学で検証すると、進化論はどの程度正しいのだろうか。
ダーウィンの時代にはわからなかった進化のメカニズムとは? 人類の起源について最新知見が示す驚愕の事実とは? 進化の観点から見える、人類が抱える問題点とその解決策とは?

目次

1章 チャールズ・ダーウィン――"偉大な落ちこぼれ"わが道を行く
2章 『種の起源』――時代を吹き荒らす理論
3章 分子生物学でダーウィン進化論を解剖する
4章 ヒトとはなにか――進化からみるヒトの特徴
5章 ヒトに未来はあるのか? ――進化からみる問題と解決策