人と話すサル「カンジ」

S.Savage-Rumbaugh/R.Lewin・著 石館康平・訳

人と話すサル「カンジ」

発行
1997/12/15
サイズ
四六判
ページ数
382
ISBN
978-4-06-154241-9
本体
2,800円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

サルにも人の言葉がわかる
言語は人間だけのものではない。カンジは人の言葉を聞きとり、シンボルを使って自分の意志を表現する。

天才ザル・カンジが語る動物の「心」
私はカンジに頼んだ。「タムーリ(カンジの妹)に私のカギを返してといってちょうだい。」……カンジはタムーリに向かって、いくつかの音節のある声を出した。タムーリはこれを聞くと、驚いたことに静かにカンジに歩み寄って、カギを渡したのである。――(本文より抜粋)

動物と人間のあいだに境界はあるのか?
「われわれ人間と類人猿は、なんとよく似ているのだろう。とくに驚くべき行動を見せるボノボは、人ときわめて近い関係にあるにちがいない。この知的魅力に満ちあふれた本を読むと、あらためてそう思わずにはいられない」――デズモンド・モリス