天才たちは学校がきらいだった

T.G.West・著 久志本克己・訳

天才たちは学校がきらいだった

発行
1994/04/25
サイズ
四六判
ページ数
268
ISBN
978-4-06-154208-2
本体
1,748円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

学校で泣いた天才たちの脳の秘密がわかった! アインシュタインは算数が苦手で、チャーチルはラテン語が駄目だった。天才たちには、なぜか不得意課目がある。その秘密をときあかして才能とは何かを明らかにする。

目次

 1 心に眼をもつ人々

 2 どうしても字が読めない!

 3 人間能力の不思議

 4 天才は忘れたころにやってくる
  1.マイケル・ファラデー
  2.ジェームズ・クラーク・マックスウェル
  3.アルバート・アインシュタイン

 5 ルイス・キャロルからダ・ヴィンチまで
  1.ルイス・キャロル
  2.アンリ・ポアンカレ
  3.トマス・アルヴァ・エジソン
  4.ニコラ・テスラ
  5.レオナルド・ダ・ヴィンチ

 6 チャーチル、パットン、イェーツ
  1.ウィンストン・S・チャーチル
  2.ジョージ・S・パットン
  3.ウィリアム・バトラー・イェーツ

 7 言葉を使わない思考法

 8 独創的発見のパターン

 9 イメージの「超能力」

10 待ちうける大変化